久しぶりのデートで張り切って飲みすぎ彼女に介抱させるハメになりました

僕には付き合って1年になる彼女がいます。
もともと、地元の同級生だったので毎日のようにデートをしていました。
しかし、僕の仕事上転勤をすることになり、一人暮らしとなりました。
電話で話しをしていたのですが、やはり毎日となるとかなりの金額になってしまい、極力控えるようになりました。
それでも、休みの日は会いに行ったりしていました。
そのころ、急に仕事が忙しくなってしまい1か月会えないというのが普通になってきたのです。

彼女には寂しい思いをさせてしまっている・・・とわかっているけどなかなか時間を取ることができなかったのです。
そんなこんなで2か月ぶりに休みをもらい、会うことになりました。
久々のデートで、色々なところに行き夜は居酒屋で今までのことを語ろう!ということになりました。

一人暮らしを始めてからというもの、お酒を飲まなくなっていました。
それに、去年の歓送迎会で飲みすぎてしまいちょっと失敗してしまったので、注意しないといけないと思っていました。
しかし、そういう時に限ってたくさん飲んでしまうものです。
久々に彼女に会うことができた喜びと、前日あまりにも楽しみだったこともあり、全然寝ていませんでした。
きっとこれが原因だったのもしれませんが、ビール一杯飲んだところでいつも以上に酔いが回っているなということを感じました。
でも、久々に飲んだからに違いないと思い、そのあと勢いもありウィスキーのロックをずっと飲み続けました。

彼女はもともとお酒に強いし、上手に飲むので全然酔っている感じがしませんでした。
数時間飲み続け、僕はついに泥酔状態になってしまいました。
その後の記憶は全くなく、朝起きたら彼女から昨日の話を聞かされ、反省しました。
全くしゃべらず、動きもしない、しかも途中で気持ち悪くなったらしく・・・・
滅多に怒らない彼女も、昨日の僕を見てかなりお怒りでした。
久々に会って、色々話をしたかったのにと思うと、凄く後悔しています。

お酒を失敗をするのは今回で2回目です。
もう二度としないように、ペースを早めない、食べながら飲む、やばいとおもったらやめる。
色々目標を決めてました。

彼女には、凄く怒られ心配までかけてしまい申し訳ないなと思っています。
次に会った時はこういう失敗を二度としないように、当分はお酒を控えようかなと思っています。
会社や同僚とかの飲み会もあるので、今回の教訓を忘れないようにしないといけない・・・・心の中で強く誓いました。

お酒が弱く合コンでつぶれて何の成果も残せなかった・・・

私はお酒を飲み始めた頃からお酒にすこぶる弱く、ビール1杯で顔が真っ赤になる程でした。
そんな私が大学生時代に初めて参加した合コンでの失敗談です。

初めて合コンに参加したということもあって当時の私はガチガチに緊張していました。
1週間前から服はどうしようか、髪型は変えた方がいいのかなど、とにかく見た目は気をつけていかなければ…!と思い、その1週間は見た目のみを考えていたのです。
しかし、そのせいで自分自身がお酒に弱いということをすっかり忘れてしまっていました。

当日、男性メンバーのみ先に集合することになりました。
皆気合いが入っていて、鼻息が荒かったのを思い出します。
普段の私服からは想像できないような格好で、キメてきていたのです。
もちろん、自分も同じように気合いを入れてわざわざこの合コンのために買った服で挑んでいました。
女性メンバーも到着し、ようやく合コンがスタートしました。
皆とても可愛い子ばかりで、あまり話せなくなってしまう程緊張していたのです。
もっとたくさん話して仲良くなりたいと思った私は、目の前のビールを煽るように飲んでいきました。
それが、失敗の始まりだったのです。

完全に酔っ払ってしまった私が最初にとった行動が、「下ネタ」です。
初対面の、しかもあんなに可愛い女の子に向かって、下ネタをバンバン話していました。
隣の子はすごく優しかったので、私の話を受け流しながら「うんうん」と相槌を打ってくれてはいたものの、他の女の子は「こいつ最低!」と思っていたらしいです…。
次にとった行動が男友達に絡むということでした。
普段から遊んでいるメンバーで、しかも皆合コンが初めて、もしくは2回目と経験者が少なかったこともあり、普段の飲み会でのノリを合コンでも出してしまったのです。
それによって完全に女性たちがついて行けなくなってしまいました。
そして、そろそろ二次会に行こうかという時、ついに私は酔っ払いすぎて動けなくなってしまいました。
一次会の居酒屋の前で座り込み、一向に動こうとしなかったらしいです…。
らしい、と言うのはここら辺は完全に記憶が無いので、一緒に合コンに行った友達から聞いた話です。
結局、私が動けなくなってしまったことや男子のノリを合コンに持ち込んだせいで女性たちも帰ることになり、連絡先も聞けずじまいという結果に終わってしまいました。
もしも私がお酒に強くて理性を保つことが出来たなら、こんな結果にはならなかっただろうと思います。
ちなみに後日、男性メンバーには土下座で謝罪を行いました。

飲むとすぐに真赤になるのが恥ずかしくて女の子と飲みに出れません

僕はお酒に弱いだけでなく、それが顔に出てしまうことでも悩んでいました。
社会人になってしばらくしてから僕には好きな人が出来ました。
その人は同じ職場の年下の子で、違う課ではあったものの廊下ですれ違った時や休憩中に僕がいる課まで遊びに来て何度か話したこともありました。
数ヶ月経った頃、彼女から食事のお誘いを受けました。
それはもう嬉しくて、すぐに返事をして早くその日が来ないかな…と待ちわびていたんです。
しかし、まさかあんなことになるなんて…。
その時は思ってもいませんでした。

二人で食事する日になり、その日のために買ったジャケットを着て張り切って出掛けて行きました。
お店の近くで合流し、小洒落たイタリアンのお店へ。
そのお店はワインが美味しいことでも知られていたので、二人で乾杯しました。
付き合ってはいないものの、彼女とは初めてのデートなのでお酒で失敗するわけにはいかない!とワインの飲む量も必死でセーブし、なんとか美味しく食事をいただくことが出来たんです。
ここまでは良かったものの、デザートが運ばれてくるのを待っている時に彼女が一言、
「○○さんってお酒弱いんですか?顔真っ赤ですよ!」
と笑われてしまったんです。
お酒の量はかなりセーブしていたのに、いつの間にか顔は真っ赤になっていたんです。
一度洗面台へ向かい、鏡を覗くと彼女の言うとおり、顔が真っ赤になって「へべれけ」という単語が似合う自分がそこには立っていました。
まさかこんなに真っ赤になっていたなんて…と、かなりショックを受け、それと同時に恥ずかしさも込み上げてきました。
何より彼女に笑われてしまったのが本当に恥ずかしくて、デザートが来てからは落ち込みながら食べたり話したりしていました。
彼女から「この後どうします?」と誘われたものの、自信を失くした僕は「ちょっと飲み過ぎたみたいだから帰るね」と言って彼女をタクシーで送り、僕もすぐに帰りました。

その後彼女ともあまり話さなくなってしまったし、僕自身の気持ちも薄れていったのでいいんですが、その後違う女の子とデートをしても、また顔がすぐに真っ赤になってしまうのでは?と考えると、なかなかお酒を飲めなくて、そのせいで女の子もこちらに合わせて飲まないことも多く申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
顔が真っ赤にならず、お酒に強ければこんなことにならなかったはずなのに、お酒が弱いせいで女の子とデートに出掛けても飲むことが出来ません。
この後お酒が弱いことを克服するまで、女の子とデートの時は全く飲酒しなくなりました。

会社の飲み会で失敗・・・飲み会のたびにいじられるようになってしまった

入社して3年目、だいぶ仕事に慣れてきて同僚や上司との飲み会も多くなってきました。

そんなある日、会社で慰安会をするということになりました。

お酒は大好きで毎晩のように飲んでいるので、会社の飲み会だしと思い、事前になにも対策をしませんでした。

こういう時に限ってやってしまうんです。

まずはビールで乾杯して、開始30分で3杯は飲みました。
そのあと、酎ハイを飲み、日本酒をチビチビ飲んでいたのですがそこからの記憶が全くない・・・朝起きたら自宅にいたけど、どうやって帰ってきたのかもわからないし、なぜここにいるのかもわからない。
不安な中で、会社に行ったらみんなが僕のことをいじるんです。

昨日楽しかったな~おまえの腹踊り最高だったぜ!

うん?腹踊り・・・した記憶がない。
それに、会社の中で一番年上の女性を口説いていたと。
好きでもないのに・・・
その女性はかなり勘違いをしているみたいで、その日からなにかしらちょっかいを出してくるようになりました。

色々な人から、腹踊りしてくれ!と飲み会の度に言われるようになりました。
更に、周りの人たちから年上の女性と付き合っちゃえば?という展開になり、お付き合いをすることになりました。

嫌いではなかったけど、僕には同僚で好きな人がいたので凄く後悔しています。
それに、いい感じになっていたし・・・
彼女とは、お友達としてメールや電話を今でもしているけど、なんか前よりもよそよそしい感じになってしまいました。

今の彼女とは、会社でも自宅でもずっと一緒にいるので、まるで夫婦のような関係です。
結婚するつもりはまだないですが、彼女は結婚したいと言い張っています。

こういう展開になるとは全く予想していなかったので、今の自分にびっくりしています

なにはともあれ、今は会社の飲み会が恐怖です。
欠席でと言えば、強制参加になり。
絶対に出ないといけない使命感と腹踊りをしろと言われる恐怖感でいっぱいです。

会社は毎日行くものなので、失敗してしまったことに後悔しています。
なんとか、この腹踊り説を解消しないと・・・・
毎日そんなことを考えています。

でも、会社の飲み会で逆によかったのかなとも思っています。
これがクライアントであればもっと大失態になっていた可能性もあります。
この日を境にもう二度と同じ過ちを繰り返さないように、最近はお酒を控えるようになりました。
飲む前の対策はもちろん大切だし、記憶をなくさない飲み方をしないとだめだなと思っています。

会社の先輩に誘われて飲みに出たはいいものの、二日酔いで翌日が悲惨でした

社会人になって一人暮らしをするようになり、毎晩のように飲み歩いていました。
その日も、会社の先輩に仕事終わりの誘われて断ることもできず、しかも次の日が休日ということもあり羽目を外す気分で飲みに行きました。
最初の一軒目は定番の居酒屋で、まずはビールを飲み、そのあと酎ハイ、そしてワインを一本あけました。
凄くその日は調子がいいと勘違いしたみたいで、二件目はワインとウィスキーのロックを飲みました。
全然酔わないなと思いながら、そのまま三件目、四件目と足を運び気がついたら朝の4時でした。

完全にこの時間になると、酔っ払い記憶が薄くなっていくをのが分かったので、解散することに。
自宅で寝て、午後に起き上がった瞬間、頭痛と吐き気で起き上がることができませんでした。
せっかくの休みで、彼女をデートの約束をしていたのでこれはやばいと思いながらも、起き上がり支度を。
しかし、全く動くことができなく、結局そのまま寝ることに。
彼女はカンカンに怒り僕の自宅に押し掛けてきました。

完全に二日酔いで起きることができない僕を見て、「そんなになるまで飲む?」とひたすら攻め続けられました。
滅多に二日酔いになることはないのですが、今回はかなりきつかったです。

ワイン、ビール、ウィスキー、酎ハイ・・・・かなりの量を飲んだことと、食べ物を全く食べなかったな・・・と今更になって反省しました。
一日動くことができず、夜になってやっと食べ物を口にすることができるようになりました。
二日酔いは今までに経験したことがあるけど、その度に注意しないと、注意しないと・・・と思っているのになんでこうなるのか。

次の日先輩に「二日酔いでした?」と聞いたら、全然余裕だったと。
先輩はずっと酎ハイを飲んでいたし、ガッツリ〆のお茶漬けも食べていたなと今思うと自分以外正しい飲み方をしていたなと。
自分だけ、次から次へと飲んでは注文、飲んでは注文。
ゾッとする飲み方をしていたのは確かです。

この二日酔いの一軒があってからというもの、彼女にあお詫びとしてブランドのバックを財布を買わされました。
大きな代償と後悔しかありません。
もう二度とあんな飲み方をしないように注意しないと、今度は彼女がいなくなってしまいます。

お酒って飲み方1つで全然違ってくるから怖いものです。
でも、毎日飲みたいくらい好きなんで、普段の生活から上手に付き合っていけるようにしたいな、できたらいいなと思っています。

お酒が弱い人の失敗談で多いことランキング

皆さんは、お酒に酔って「失敗したな~」と思うことはありますか?
僕は数えきれない程あります。
そこで、アンケートでお酒が弱いという方に失敗談で多かったものをランキングに集計してみました。
自分もこんな失敗をしてしまったことがあると感じるものや、これは無いだろうと思うものまで様々な回答を頂いたのでぜひご覧ください。

1位:飲んでいる最中、もしくは次の日の二日酔いが酷かった

僕もこれで悩んでいました。
飲んでいる最中に気持ち悪くなってしまったり、二日酔いが最悪で仕事にも影響が出てしまったりと、飲むことはいいんですがセーブ出来なくて体調不良につながってしまうのです。
トイレにずっと引きこもってしまうこともしばしばありました。
そこまでになってしまうなら飲まなきゃいいのに…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、先輩や仲間同士の飲み会はお酒を飲んでコミュニケーションをとる場でもあるので、なかなか飲まないという状況は作ることが出来ません。

2位:途中から記憶が無い、曖昧にしか覚えていない

これもお酒を呑んでいくとよくあることだと思います。
実際に僕も何度も記憶を飛ばしていて、どうやって帰ったか覚えていないこともあります。
あと、飲み会の席で先輩や友人と出掛ける約束をしていたのに、その時の記憶が無くて、翌日その話をされて驚いてしまう…というようなこともありました。
しかも、予定を立てていた日に元々僕の予定が入っていて、結局キャンセルしてしまったことを今でも覚えています。
申し訳ないことをしてしまいました。
お酒によって記憶が無くなるまで飲むのはやはりマズいですね。

3位:化粧をしたまま、コンタクトレンズをしたまま寝てしまった

僕は裸眼なので経験ないのですが、コンタクトレンズをつけっぱなしにしたまま寝てしまうと目ヤニのせいで目が開けられなくなってしまったり、角膜に傷が付いてしまうそうです。
とても恐いですね…。
化粧も落とさずに寝てしまうことでニキビなどの肌トラブルにつながってしまうということなので、必ず落としてから、そしてコンタクトレンズも外してから寝ないといけません。
ただ、お酒に酔っていると眠気が勝ってしまって何かをすることが面倒くさくなってしまう気持ちはよく分かります。
僕もシャワーを浴びたいけど面倒になってそのまま寝てしまうことが多いです。

いかがだったでしょうか?
1位から3位までの失敗談は、お酒に弱い方なら誰しも経験されたことのあるものだと思います。
このような失敗談を避けるためにも、お酒の飲み過ぎには注意しなくてはいけませんね。

お酒で赤くなる、悪酔いする原因「抗酸化作用」を止めるサプリランキング

お酒を飲み続けることで、肝臓から排出されるアセトアルデヒドが体内の胃粘膜なども攻撃したり、有害物質を排出することで、顔が赤くなる、吐き気がするなどの二日酔いの症状が現れます。
さらに活性酸素も発生させることで、体はどんどんと不調になってしまいます。
そんな時に、活性酸素を除去するのに最も最適なのが水素水です。
今、水素水は多くの物が販売されていますが、特におすすめの商品をランキングにしてみました。

1位 伊藤園の水素水

伊藤園と言えばお茶が有名で、生産などにも多くのこだわりを持っており、独自の茶畑で管理されたお茶を生産している老舗になりますが、この伊藤園からが水素水も販売されています。
伊藤園の水素水は、岐阜県の長良川系の地下水を使用しており、硬度40ののどごしの良く、軽い口当たりの飲みやすい軟水の水素水です。
独自の水素生成方法によって、圧力をかけることで、水素を溶け込ませ、ボトルに詰めているので、高濃度を維持しており、さらに水素は軽く、小さいので抜けやすくなっていますが、細かい気泡状態にして水に吹き込ませているので、長時間存在しても抜けにくいように工夫されています。
ボトルも水素が抜けにくくされており、一気に飲みきらずに普段どおりに飲んでいただくことができます。
こだわりを持った生産をしている伊藤園だからこそ、安心して飲めるという安心感もあり、1位にさせていただきました。

2位 浸みわたる水素水

水に対するこだわりを持っていて、特にミネラルバランスのよい、熊本県菊池のミネラルウォーターに辿りつき、名水バイオ研究所から「まれにみる美味しい天然の健康名水」という鑑定書が発行されるなどのお墨付きの名水が使用されています。
水においしいものがあるのかと言われるかも知れませんが、水にもバランスがあり、整った水には口当たりや、飲みやすさがあります。
パウチサイズなので飲み切りやすい量で、水素の量も体に負担をかけない量になっているので、継続して続けることができます。

3位 トラストウォーター

九州アルプスの別名を持っている天然の地下水を使用してりおり、自然にろ過された地下水を、精製して純度も高く、高濃度の水素水に仕上げています。
水素水の中では、3.0ppmと高濃度になっていて、さらに真空充填と、完全密封製法によって、3か月経っても水素が抜けないように工夫されています。
さらに特殊なアルミ4層構造が、中の水素を逃がしにくくしているので、パウチに飲み口が付いていません。
なので飲みだしても、すぐに飲まなきゃと急がずに飲むことができます。

いかがでしたでしょうか。
水素水は活性酸素の除去には最適な水素水。
お酒を飲む前に飲んでおいても良いのですが、お酒を水素水で割って飲んでも体内に吸収されていきます。
水素水で体内の酸化を防ぎましょう。

管理人がためした克服道具ランキング

お酒が弱いことで失敗ばかりしてきた僕ですが、とある知人からオルニチンと水素水を薦められたことをキッカケに、お酒の弱さを克服するために色々なものを試してきました。
そこで、僕が試してきた中で「これはいい!」と感じたものを紹介します。

1位:オルニチンサプリ

オルニチンというのはしじみなどに含まれている成分のことで、飲み過ぎてしまっても翌日起きてもスッキリと起きられるということで注目されている成分です。
オルニチンを飲むことでアルコール分解をしている肝臓の働きを助けてくれるので、次の日までお酒を引きずることも無くなります。
ただ、このオルニチンは最低でも1日400mgは摂取すると良いと言われているのですが、たくさんオルニチンが含まれているしじみであっても1日に1400個を食べなくてはいけなくなってしまいます。
1日にしじみ1400個は無理ですよね…。
そこで、オルニチンのサプリメントを利用しましょう。
サプリメントなら手軽にオルニチンを摂取できますし、1粒で十分オルニチンを摂取することが出来ます。
また、オルニチンは肝臓の働きをサポートすることによって二日酔いだけでなく元気も与えてくれます。
ちなみに、僕が初めて知人から紹介されたものもオルニチンサプリでした。

2位:水素水

水素水はその名の通り、水素を含んでいる水で、健康面だけでなく美容面でも注目されています。
お酒が悪酔いしてしまう原因に、飲酒による活性酸素の増加も挙げられるのですが、水素水に含まれている活性水素が活性酸素と結びつき、働かなくするようにしてくれます。
また、水素が体内の細胞に働きかけて代謝機能を高めてくれることもお酒の弱さを改善させてくれることにつながります。
現在様々な水素水が販売されていますが、実は水素というものはすぐに発散してしまいます。
例えばペットボトルに水素水を入れて販売したとしても、水素が発散してしまい水素水ではなく普通の水になってしまうのです。
なので、水素水を購入する時はなるべくアルミ製の容器を使うといいでしょう。

3位:酸素カプセル

スポーツ選手なども利用している酸素カプセルは、実は二日酔いを回復させるためにも活躍してくれます。
二日酔いで感じる頭痛や倦怠感というものは、酸素不足が引き金になっている場合が多いです。
酸素カプセルが置いてあるお店まで行くのは面倒ですが、二日酔いが辛い時は酸素カプセルを利用すると良いです。

酸素カプセルは二日酔いが辛かった時にとても重宝しましたが、酸素カプセルを利用することで体質が改善されるわけではないです。
根本的にお酒が弱いことを克服したいという場合はオルニチンサプリや水素水を、体質改善中に二日酔いがひどくなったら酸素カプセルを使うと良いです。

肝機能を強化するサプリランキング

お酒に強くなるためには肝機能を強くさせていかなくてはなりません。
そこで、肝機能を強化するサプリメントを僕が試してきて一番良かったものをランキングにしてみました。

1位:【佐々木食品工業株式会社】しじみ習慣

CMでもおなじみのしじみ習慣は、販売数が400万箱も超える程人気のサプリメントです。
主原料には新鮮なしじみのエキスを使っており、エキスを煮詰めて成分が濃縮されたものだけを使っています。
例えばオルニチンのサプリメントはたくさん存在していますが、オルニチンといった特定の栄養成分を取り出してサプリメントに配合しているというものはあるものの、しじみに含まれている様々な栄養素までしじみ習慣なら摂取することが出来ます。
サプリメントの粒もとても小さくて飲みやすいですし、無料サンプルを試すことも可能です。
1箱60粒入り(約1ヶ月分)で3,980円と手頃な価格なのも嬉しいポイントの一つです。

2位:国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】

明治時代からしじみの濃縮エキスを販売しているいちねん宅配くらぶがさらに飲みやすさを考えて作られたサプリメントです。
原料に並々ならぬこだわりを持っていて、木曽川で採れる「やまとしじみ」のみを使用しています。
濃縮エキスも昔からの製法を守り続けており、手作業で作られています。
このサプリメントもしじみ習慣と同じように、しじみの栄養を余すことなくサプリメントに凝縮させているのでビタミン・ミネラルなどもたっぷり含まれています。
また、オルニチンはしじみエキスに含まれているものと、発酵オルニチンも加えたことでより効果が実感できるようになりました。
こちらは1袋10日分で1,944円ですが、セットで購入することでお得に手に入れることが出来ます。

3位:株式会社はつらつ堂オルニチン・カルサイトによる効果でスッキリ【しじみん】

しじみんはオルニチンではなくカルサイトを主成分にしたサプリメントです。
カルサイトとはしじみの殻に含まれている結晶で貝殻を超高温で焼くことにより生み出しています。
このカルサイトは牛乳の約4倍ものカルシウムをとることが出来るので肝機能を助けてくれるだけでなく、血圧上昇などを抑えてくれたり尿酸の排出を助けてくれる働きも期待出来ます。
カルサイトの他にもオルニチンや糖の吸収を遅らせるダイエコールなど、様々な栄養成分が含まれています。
しじみんは1袋30日分で現在キャンペーンで1パックの定期コースが1,000円で購入することが出来ます。

飲み会の前に摂取しておきたいウコン成分とは

二日酔いを避ける方法

社会人になると会社の同僚や友人との飲み会の回数が多くなってきます。
特に、年末や年始、新入社員を迎える時期は一年の中でも飲み会の頻度が高くまります。
みんなと楽しく飲むのはいいけど、次の日の二日酔いは絶対になりたくない・・・と誰もが思うはずです。
二日酔いにならない方法として様々ありますが、最近ではウコンを飲みことで二日酔いを防ぐことができるという情報が定着しつつあります。
そもそも二日酔いというのは、体内にアルコールが残ってしまうことで起こる現象です。
ウコンはこのアルコールを分解させたい内に残らないように補助をしてくれるものです。
補助してくれるものですので、あまりの飲みすぎない、急ピッチで飲まない、空腹な避けるなど基本的なことは守るようにしましょう。

ウコンを飲むタイミングは?

二日酔いにならない為には、ウコンをどのように飲めばいいのか・・・わからない人も多いはずです。
一般的に、食前派と食後派に分かれていますが、どちらの方が効果的なのでしょうか。
ウコンを飲んだあと体内で成分は効き始めるまでには、腸で吸収されなければいけません。
クルクミンという成分が、ウコンの中に含まれているのですがこれが体内を循環することで、肝臓の機能を高めることができます。
このときはじめてアルコールの分解をスタートすることになりますので、飲酒をする前に飲んだ方が効果を期待できます。
ただ、個人差がありウコンを飲酒前に飲んだからと言って、必ず二日酔いを避けられるわけではありませんので、過信せずにお酒はゆっくりと楽しむということを心がけましょう。

副作用に注意が必要

ウコンを飲むことで、肝機能のサポートをしてくれますが、飲みすぎには注意が必要です。
特に、肝機能障害を持っている人の場合鉄分が肝臓に蓄積しやすくなっています。
そこで、さらにウコンを摂取してしまうと肝機能が悪化してしまう恐れがあります。
ですので、ウコンを飲むことで二日酔い防止になると言われていますが、過剰摂取は避けた方が良いでしょう。
各商品には、摂取目安となっている量が書かれているはずです。
これは、ドリンクタイプもサプリメントでも同じことが言えます。
摂取目安を守ることで、安心で安全なウコンの摂取をし二日酔いにならずにすみます。
肝機能障害を持っている人の他にも、胆石を患っている方、糖尿病の方は避けた方がいいでしょう。
もし摂取するのであれば、医師に相談をしてから服用するようにしましょう。
このように、ウコンはどんな人が飲んでもいいわけではありません。
そして、お酒を飲むときにはその日の体調によっても二日酔いになることがありますので、体調が悪い日は無理をして飲むと悪酔いしてしまいますので注意が必要です。

お酒を飲む人には重要!肝臓を助けるオルニチンの役割

オルニチンとは?

体の中にあるアミノ酸の1つで、肝臓の回復をサポートしてくれるオルニチンは、肝臓が弱った時に摂取することで復活させることができます。
オルニチンを摂取することで、肝臓本来の機能をアップすることができると言われています。
肝臓というのは、体の毒や老廃物を排出してくれる効果があり、肝臓がつかれてしまうと疲労感がなかなか抜けなくなっていまう程重要な臓器となっています。
十分な睡眠を摂っても疲れを回復させることができないと言った時には、何かの原因で肝臓が弱っている可能性が高いです。
元気で健康な体を維持する為には、運動や食生活の管理も重要ですが、オルニチンを継続的に取り入れることで、いつも元気な肝臓で居続けることができます。

お酒との関係について

連日飲み会で一番心配になることは、二日酔いです。
次の日気持ちが悪く、一日中寝ていなければいけない・・・せっかくの休日だと凄く後悔してしまいます。
そんな二日酔いには、シジミが効果的と言われています。
このシジミですが、オルニチンが豊富に含まれていることもあり、弱った肝臓を修復してくれるのです。

肝臓というのは本来、アルコールを分解する役割を持っています。
そんな肝臓もたくさんアルコールを摂取してしまうと、多大な負担がかかってしまうので、分解することができなくなり二日酔いになってしまいます。
この状態のまま居続けると、二日酔いは一向に良くなりません。
ですので、二日酔いの日はオルニチンを取り入れることで気分がすっきりします。
二日酔いにならない為には、飲みすぎに注意することはもちろんのこと、飲む前にオルニチンを摂取することで、二日酔い対策となります。

オルニチンの副作用

肝臓のサポートをしてくれるオルニチンですが、過剰摂取しても特に副作用を引き起こすことはありません。
このオルチニンはそもそも、人間の体内に存在している成分で体内に蓄積をすることはありません。
ただし、オルニチンをサプリメントで摂取する時には、他の成分が含まれている可能性があるので、摂取目安を守るようにしましょう。

定期的に取り入れたい時には、やはりサプリメントの方が簡単で気軽に摂取できます。
だからこそ、摂取量というのを守ることが大切になります。
長期的に毎日取り入れることで、二日酔いにならない体質へと変わることもありますので、短期的ではなく長期的にサプリメントを取り入れるようにしましょう。

アルコールを必須アミノ酸で分解!しじみパワーを取り入れよう

二日酔いになるかならないかは肝臓次第

昔からシジミは、「二日酔いに効果がある」と言われてきました。
そもそも、二日酔いというのは肝臓が弱ってしまいアセトアルデヒドを分解する力がなくなってしまうことで、起こる現象です。
一般的に、アルコールは全て肝臓で処理され、アセトアルデヒドという物質へと変化します。
このあと、アセトアルデヒド脱水酵素になり酢酸、最終的に尿として排出されることになります。
このアセトアルデヒドに分解をすれば二日酔いになることはありませんが、摂取量が多くなれば多くなるほど肝臓は処理しきれなくなってしまいます。
こうなると、次の日もアセトアルデヒドが体内に残ってしまうので二日酔いになってしまうのです。

シジミに含まれるアミノ酸効果

必須アミノ酸は、人間の体の中では作ることができません。
その為、食事やサプリメントで補ってあげる必要があります。
必須アミノ酸をたくさん含んでいるシジミは、肝臓の働きのサポートをしてくれる重要な存在です。
シジミを取り入れることで、アルコールを分解し続けている肝臓の細胞を解消してくれる効果があります。
その為、シジミを取り入れることで肝臓が常に回復している状態になりますので、二日酔いになりにくいのです。
シジミに含まれている必須アミノ酸ですが、非常にバランスがいいと言われています。
必須アミノ酸というのは、バランスが悪いと全く効果を得ることができず、働きも悪くなってしまいます。
こうした心配のないシジミは肝臓の強い味方となります。

シジミには、必須アミノ酸の他にもタウリンやグリコーゲンも含まれています。
特に、グリコーゲンは即効性が高くすぐに吸収しますの疲れた肝臓の修復を早めることができます。
タウリンも、肝細胞修をする働きを持っているので肝臓の手助けとなります。

このように、シジミにはまさに二日酔いを防ぐ為に欠かすことのできに成分はたっぷり含まれているのです。

シジミエキスを取り入れる方法

シジミを使って二日酔い防止をしたい時には、お味噌汁がおすすめです。
汁の中に、シジミエキスがたっぷりと含まれますので二日酔いを防止することができます。
しかし、毎日飲むのは難しいことです。
そんな時には、サプリメントがおすすめです。
サプリメントであれば、いつでもどこでも気軽の飲むことができるので、飲み会の前にシジミエキスたっぷりなサプリメントを服用することで、二日酔い防止をすることができます。

飲み過ぎには肝臓のデトックス!マリアアザミで肝臓をリフレッシュ

マリアアザミとは?

お酒で疲れきった肝臓をデトックスしてくれるマリアアザミとは、薬理学的な効果を期待することができる植物です。
マリアアザミには、シリマリンという成分が含まれており、この成分が肝細胞を修復してくれると言われています。
更に、毒が肝細胞に侵入するのを防ぐ役割や入ってしまった毒を無毒化するサポートまでしてくれます。
肝臓の強い味方となってくれるマリアアザミは、肝機能を修復してくれるサプリメントとして活用されています。
ヨーロッパやアジアの方では、治療薬として利用されていることもあり非常に信頼感の強い植物となっています。
植物ですので、副作用がないというメリットもあります。

マリアアザミの効果と摂取目安について

マリアアザミは、肝臓に関する病気に効果的で、もちろん二日酔いにも効きます。
この他、滋養強壮、利尿作用、毒キノコの解毒効果もあると言われています。
前日の飲みすぎで、二日酔いになってしまった場合でも、マリアアザミを飲むことで解消することができます。
肝臓の強い助っ人になってくれるマリアアザミは、一日にマリアアザミエキス250mgを2回摂取がおすすめです。
有効成分と言われている、シリマリンエキス70%程であればこの摂取量は好ましいですが、種子になると15g程度が好ましいと言われています。
実は、マリアアザミですがたくさん摂取してしまうと下痢になってしまう危険性があるので、摂取目安以上取り入れないようにしましょう。
更に、持病を持っている人の場合は医師の判断は必要になりますので、利用する前に相談をするようにしましょう。
摂取目安をきちんと守ることで、二日酔いの知らずな体にすることができます。

二日酔いをしない為には?

毎回注意しても、ついつい飲みすぎてしまい二日酔いになってしまうことはあります。
二日酔いになった時の辛さを一度経験すると、二度と体験したくないという気持ちにもなります。
ただ、場の雰囲気や体調によってついついお酒を飲みすぎてしまうことで肝臓が疲れ果てて、二日酔いになってしまいます。
何度も二日酔いを繰り返さない為には、お酒を飲むペースを考える、体調が悪い時は飲まないなど強い意思を持つことが大切になります。
この他、マリアアザミのサプリメントを毎日飲み弱った肝臓を修復してあげることも重要です。
弱り切った肝臓のままで居続けると、様々な病気へ発展してしまう可能性がありますので、マリアアザミサプリを活用しながら二日酔いにならない肝臓へ戻してあげましょう。

アルコール摂取が増えると不足するビタミンB1を補おう

お酒を飲みすぎるとビタミンB1が減ってしまう

飲んでる時は気分がよくなって楽しいお酒ですが、飲んだ翌日になると体に疲労を感じることはありませんか?その疲労こそがビタミンB1不足によるものなんです。
というのも、体内に入ったアルコールを分解するためにビタミンB1が消費されるため、お酒を飲めば飲むほど体内のビタミンB1は少なくなっていくんです。
また、お酒を飲むことで食べ物からのビタミンB1も吸収しにくくなってしまいます。

こうしてビタミンB1が不足してくると、体内でエネルギーを作る事も困難になり、結果的に疲労状態が続くような形になります。お酒はほどほどの量にしておきましょう。

飲み過ぎからの疲労を回復するために

ビタミンB1は最も不足しがちな栄養素だと言われていて、食事から摂取しようとする際にも注意が必要です。

ビタミンB1が多く含まれている食材は豚肉・牛肉・豆類やオレンジや米ぬかですが、これらを調理する時に水洗いや加熱などを加えると食品に含まれる約25%が失われてしまうんです。
ですがビタミンB1は身近な食材の中に含まれているので、調理で失ってしまったん分を補うように出来るだけ多く摂取するように心がけましょう。
ニンニクを一緒に食べると、ビタミンB1の吸収を手助けしてくれるのでお勧めです。

お酒を飲む時も、出来るだけおつまみとして色々な物を食べるようにすることで、アルコールそのものの摂取量を抑えるようにしたり、ビタミンB1を補うようにするといいと思います。
また、お酒を飲んだ翌日に玄米などを食べることでもビタミンB1不足を多少軽減させることが出来ます。

お勧めのビタミンB1サプリメント

ビタミンB1は吸収されにくい上にすぐに対外へ排出されてしまう栄養素なので、サプリメントを選ぶ際にはタイムリリース加工されているタイプをお勧めします。
カプセルは体内でゆっくり時間をかけて溶けていく作りのため、そのカプセルの中にビタミンを閉じ込めることで長時間体内にビタミンB1を留めておく事が出来るんです。

ただ、ビタミンは8種類それぞれが互いに助け合いながら体内で働いているので、ビタミンB1のみを摂取しても効率が悪いので注意です。
サプリメントで摂る時も、全てのビタミンが配合されているタイプの物がお勧めです。
常にビタミンを保つために、朝・昼・晩の食後3回に分けて飲むようにするのがベストです。

サプリメントはコンビニやドラッグストアなどで売っていますので是非お試しください。

ナイアシン不足はアルコール分解が追い付かなくなる!

ナイアシンはエネルギーを作ってくれている

食事で摂った脂質や糖質を使ってエネルギーを作り出してくれるのがナイアシンです。
脂質の代謝を促進してくれるので、対内のコレステロール値もナイアシンが調整してくれています。

ビタミンB1同様にアルコール分解の手助けをしてくれているため、ナイアシンが不足しているとアルコール分解が追い付かなくなってきてしまい、お酒の摂取による肝臓への負担が大きくなってしまいます。

また、頭痛や吐き気、二日酔いの現況であるアセトアルデヒトを無毒化するための手助けもしているので、ナイアシン不足は悪酔いの原因にもなります。

ナイアシン不足を解消する食材

ナイアシンは肉類・魚類・野菜類といったほとんどの食品に含まれているので、比較的摂取しやすいものと言えます。
この中でもナイアシンが多く含まれているのが魚介類です。
魚を1尾、たらこや貝類を普通に食べるだけで、1日の目標摂取量は簡単に摂る事が出来るので、不足したらすぐに補う事が可能です。
魚は出来るだけお刺身で食べ、レバーなどの肉類はきちんと火を通して食べることで胃への負担も減ります。
これらの食材が苦手な方の場合、玄米を多く食べることでナイアシンを摂取することが出来ます。

食事で簡単に摂取出来るナイアシンですが、意外にも体が固くて血行が悪い状態うだと栄養が十分に行き渡らない場合もありますので、出来るだけ体の筋肉をほぐしたりなどのストレッチもナイアシンを補う際には大切になります。

ナイアシンのサプリメント

ナイアシンの1日の摂取目安量は、成人男性が15mg、成人女性が11mgといわれています。これらは、上記の食材を日頃から食べるようにしていれば十分な達成できますが、毎日食事を気にするのが大変だという方にはサプリメントをお勧めします。

ナイアシン・アミドという他のビタミンも補えるタイプのサプリメントや、他にもCaやMgのサプリメントを一緒に飲むことで更に高い効果が期待出来るとされています。
ビタミンは体内に留まりにくい性質を持っているので、飲むときには食後3回に分けると良いです。

ただ、サプリメントを飲む際には一つ注意点があります。食材で摂取する際には過剰摂取による副作用などは特にないのですが、サプリメントで摂取する場合は、皮膚の炎症・痒みや肝臓の障害の危険性を伴います。
また、糖尿病や通風などの持病を持っている方にもナイアシンの過剰摂取はお勧め出来ません。
『1日あたり100mg以上』は摂らないように注意してください。

たんぱく質を補ってアルコール分解をサポートしよう

肝臓への負担を最小限に抑えよう

ついついたくさんお酒を飲んでしまうと、次の日二日酔いという最悪な結果になります。
二日酔いにならないためには、空腹にしない、お酒のペースを上げないなどが挙げられます。
食事と一緒にお酒を楽しむことで二日酔い予防となります。
更に、アルコール度数の高いお酒を飲むことで、肝臓への負担が大きくなってしまいます。
血中アルコール度数が高くなってしまうと、酔いが早く回ってしまいますので、こういった度数の強いお酒を飲む際には和らぎ水やチェイサーを利用しましょう。
チェイサーとは、強いお酒を飲んだあとに続けてノンアルコールの飲み物を飲むことを言います。
こうした対策をすることで、胃の粘膜への刺激を抑えることができます。
きちんと対策を取ることで、お酒といい付き合いをすることができます。

お酒を飲む時にはたんぱく質がおすすめ

夜飲み会がある日のランチは、たんぱく質を取るようにしましょう。
特に、卵やチーズ、肉類がおすすめです。
これらの成分は食べてから2位間程経過したあと再合成がスタートしますので、できれば飲む前に焼肉などを食べて飲むのが一番理想的となります。
仕事終わりにすぐ飲み会がある時には、ランチでお魚や肉類と摂取しておくことで、二日酔い防止になります。
更に、飲んでいる最中は、高たんぱく質な食べ物を摂取しましょう。
何も食べずにお酒を飲み続けてしまうと、肝機能の働きが悪くなってしまいまう。
肉類、魚、チーズなどを食べることで予防することができます。
中には、ウコンやしじみの味噌汁を飲む人もいますが、これらはたんぱく質が体内に入っていないと働きませんので、いくら飲んでも意味がなくなってしまいます、
サプリメントもたんぱく質が重要となりますので、効果を発揮する為にも積極的にたんぱく質を取り入れましょう。

急ピッチで飲むと悪酔い&二日酔いになる

お酒を飲むペースを一気に上げてしまうと、肝臓のアルコール分解が追い付かなくなってしまいます。
例えば、1杯のお酒を一気の飲むのではなく、ゆっくりと飲むようにしましょう。数回に分けて飲むことで、ペースを低速にすることができるので、アルコール分解もきちんと追いつきます。
二日酔いは、肝臓が疲れてしまいきちんと機能しないことで引き起るものです。
飲み方と食べ物をしっかり把握しておくことで、ピッチを上げて飲んだり、何も食べないと言ったことはなくなりますので、いい気持で飲めるように対策をしましょう。

カリウムを摂取すると二日酔い防止になる

二日酔いのメカニズムを知る

飲み会が連日続いてしまうと、朝起きた時の強烈な頭痛と吐き気で不快な気持ちになることがあります。
次の日仕事が待っている人の場合、そのまま寝るわけにはいかず、なんとか起き上がり仕事に行かなければいけません。
二日酔いは、アルコール分解をすることができずにまだ体内に残っている状態のことを言います。
通常の場合、アセトアルデヒドを酢酸に体の外へ排出をすることで二日酔いになりません。
しかし、急にたくさんのお酒を飲んだり、何も食べずにお酒を飲んだりすることで、肝臓機能が弱まってしまうのでアルコール分解をすることができなくなります。
日本人の場合、欧米人に比べ分解酵素が少ないと言われていますので、二日酔いになりやすいのです。

二日酔いはカリウムを摂取しよう

二日酔いに効果的な方法は色々ありますが、中でもバナナを食べることで失ってしまったカリウムを補うことができます。
比較的、フルーツにはカリウムが多く含まれていますが、バナナはフルーツの中でも一番と言っていいくらいカリウムの含有量が多い食べ物となっています。
飲み会のおつまみには、揚げ物や炒め物と言った味の濃い食べ物が多く出されます。
こうした料理を食べることで、カリウムは体の外へと排出されてしまいます。
もし、二日酔いで辛く動くことができないという場合には、バナナで二日酔い解消をしましょう。
気分が悪く固形物を食べることができない時には、バナナジュースでも効果を期待することができます。

他にも、グレープフルーツもお勧めです。
アルコール分解で忙しくなった肝臓は、糖分が不足してしまいがちです。
そこで、水分と糖分の両方をスピーディに取り入れることができるグレープフルーツはおすすめです。
もし、グレープフルーツが苦手な場合には、オレンジを代用として利用することができます。

飲酒後は水分補給を欠かさない

飲酒をしたあとは、血液がドロドロな状態になっています。
これを放置してそのまま寝てしまうと、体調不良となってしまいますので、必ず寝る前には水分補給をしましょう。
更に、飲酒後の水分補給はアルコール濃度を下げてくれる効果がありますので、二日酔い防止につなげることができます。
よく、早く寝れば二日酔い防止になると思っている人がいますが、寝ることで逆にアルコール分解が遅くなってしまいます。
ですので、無理に寝るのではなく、どうしても眠ることができない場合には横になって酔いを覚ますと言った方法も有効となります。

飲んだ後のアフターケアにはタンニンを摂取しよう

飲酒前に柿は二日酔い防止になる

お酒を飲む前に、柿を食べることで悪酔いしないと言われています。
これは、柿に含まれているタンニンとの関係性があるからです。
二日酔いになってしまうのは、肝臓でアルコール分解をすることができないからです。
これによって、アセトアルデヒドという成分が体内に残り二日酔い特有の吐き気や頭痛を引き起こしてしまうのです。
一般的には、アセトアルデヒドとうのは、一時間程するとピークになるのであとは減少していくのみとなります。
しかし、大量のアルコールを摂取することで処理しきれなくなってしまうことで、減ることなく体内にとどまってしまうのです。
アルコールを摂取する時には、一気にたくさんの量を飲むのではなく、ゆっくりと飲むことが大切になります。

タンニンを摂取して二日酔い知らずになろう

ついつい、飲みすぎてしまうとつらい二日酔いが待っています。
二日酔いを防止する為には、柿がおすすめです。
柿には、シブオールと言われているタンニンが豊富に含まれています。
シブオールは、水溶性のタンニンで食べることで、苦味を感じます。
そして、柿は熟されれば熟されるほど、水溶性だったタンニンが溶けにくくなっていきます。
熟された柿からは渋みが消えていきます。
タンニンが豊富に含まれている柿には、カタラーゼと言われる酵素が働いています。
これによって、アルコールを分解してくれるのです。
更に、二日酔いになると脱水やエネルギー消費が激しく、低血糖になってしまいます。
柿は、これらの症状を改善してくれる非常に頼りになる食べ物なのです。

サプリメントを服用しよう

柿が二日酔いにいいと言われていますが、季節の果物となっているので年中食べることができるわけではありません。
年間を通じタンニンを取り入れたいという場合には、サプリメントで補給するといいでしょう。
サプリメントは薬ではないので、飲まなければいけない時間や決まり事が特にありませんので、都合のいい時に飲むと言った方法で取り入れることができます。
飲み方もお水があれば、すぐに摂取することができます。
どんな人でも手軽にそして簡単にタンニンを飲むことができるので、ぜひ二日酔いで苦い思い出ばかりが残っているという人は、タンニンサプリメントを活用してみましょう。
一般的に販売されているのは、タンニンという名前ではなく柿、渋柿と書かれているものですので、間違えないように購入をしましょう。

お酒でトイレが近い人は亜鉛が消耗されやすいので注意

亜鉛とアルコールについて

アルコールを摂取することで、肝臓で分解処理が行われます。
この分解をする為には、アルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素が必要不可欠とされています。
お酒に弱いとされている人の場合、アルコール脱水素酵素が少なくなっている為、スムーズに分解をすることができないのです。
であれば、逆にアルコール脱水素酵素を多くすることでアルコールに強くなるのでは?と思ってしまいます。
しかし、アルコール脱水素酵素は亜鉛がないと働きが低下してしまうのです。
ですので、いくらアルコール脱水素酵素を増やしたとしても、亜鉛が不足していると、全く効果を実感できないのです。

年齢と共にお酒が弱くなる原因

若い時は全然お酒に強く、24時間飲み続けても全く二日酔いにならなかった・・・という人もいます。
しかし、年齢ともに弱くなっている気がする場合には、もしかすると亜鉛不足になっている可能性が高いです。
アルコール脱水素酵素が年齢と共に減少している可能性もあります。
亜鉛というのは、体内で生成することができないので、食べ物やサプリメントで補ってあげる必要があります。
お酒をたくさん飲む人の場合、アルコール脱水素酵素をその分使うことになるので、どうしても亜鉛不足になってしまいます。
お酒に弱くなったり、毎日のようにたくさんお酒を飲む場合には亜鉛を補ってあげましょう。
定期的に補ってあげることで、亜鉛不足になることがはありませんので肝臓でアルコール分解が正常に行われます。
お酒を飲む人はもちろんのこと、好きだけど弱い人は積極的に亜鉛を取り入れましょう。

お酒を飲む人は亜鉛を取り入れよう

お酒を毎日飲むという人は、亜鉛不足になっている可能性が高いです。
亜鉛は、アルコールの分解だけではなく、酵素との関係性も強いです。
毎日お酒を飲むことで、亜鉛が大量に消費されますので酵素働きも鈍くなりがちです。
ですので、二日酔い対策だけではなく健康管理の1つとして亜鉛を取り入れましょう。
疲労がなかなか取れない、皮膚が弱くなってきた、風邪をひきやすくなったなどの症状がある場合にが、亜鉛の消費が激しいと言っても過言ではありません。
もしかすると、亜鉛不足による免疫力や体力が消耗してしまい、こういった症状になっている可能性もあります。
ですので、少し体調に変化が出てきた時には亜鉛を取り入れ、健康を取り戻すように心がけましょう。
そして、お酒の量を少し抑えることも健康管理をする為には欠かせません。

お酒の飲み過ぎで失われてしまうマグネシウム

お酒の飲みすぎはマグネシウム不足の原因に

お酒が弱い人でも、仕事仲間や上司との飲み会に参加される方は多いでしょう。
一番はお酒の量を少なくする事が理想的ですが、上司などの前ではそれがなかなか難しいというケースも少なくありません。
そうなるとつい飲み過ぎて飲み会の参加者に迷惑をかけてしまう事や、翌日の二日酔いなどで体調を崩してしまう事もあるのです。
また、お酒の飲みすぎはマグネシウムなどの栄養不足に陥る可能性がある事はご存じでしょうか?
今回はお酒の飲み過ぎとマグネシウム不足の関係性を紹介します。

なぜ栄養不足になるのか

お酒を飲み過ぎるとマグネシウムのみならず、カリウムやナトリウム、ビタミン系などの身体の健康には欠かせない栄養素を阻害させると言われています。
なぜ栄養素が阻害されるのかというと、お酒には利尿作用があるからです。
お酒を飲んでいるとトイレが近くなる事を経験している方も多いでしょう。
人間には利尿を抑え込む抑利尿ホルモンが備わっているので、その活動によって体内の水分量を一定量に保つ事が可能です。
しかし、アルコールには抑利尿ホルモンを抑制させてしまう作用があるため、必要以上の尿を排出してしまうようになります。
この事から、尿を排出する事で一緒に栄養素を流してしまう事で栄養不足に陥ってしまうのです。

マグネシウム不足のリスクと回避方法

マグネシウムはミネラルの一種であり、ミネラルには骨や歯の一部である事や、神経や筋肉を動かす事にも関係している成分です。
そして、マグネシウムは人間の体内で約60%が骨に含まれていると言われています。
なので、神経バランスを整える事や、筋肉や脳を働きかけるためには重要な要素だと言えるのです。
マグネシウムが不足してしまうと筋肉の痙攣や記憶力の低下などを引き起こします。
また、それらの状況が続けば糖尿病や心筋梗塞、脳卒中など病気にかかりやすくなるというリスクを抱える事も少なくないと言います。
なので、そういったリスクを回避するためにもお酒によるマグネシウム不足は回避しなくてなりません。
対策方法としてお酒を飲む時のおつまみや食事には、マグネシウムが豊富に含まれている豆類やお米などの穀類を食べる事で不足したマグネシウムを補い不足を防ぐ事が可能です。
また、飲み過ぎた日の翌日にマグネシウムが摂取出来る食事を食べる事や、サプリメントなどで補う方法も良いでしょう。
ですが、お酒の飲みすぎは身体に大きな負担をかけてしまう事が多いので、飲み過ぎには注意が必要です。

素早いアルコールの分解にはセサミンが欠かせない

二日酔いがもたらす体の不調

つい、いつもよりもお酒を飲みすぎてしまったり、お酒の席で断れなくて多く飲んでしまったなど、会社での行事などによっても、お酒の席が増えるようになります。
そして、いつもよりも多く飲んでしまった時に必ずくるのが二日酔いです。
この二日酔いは、体に様々な影響を及ぼもので、症状も人それぞれです。
頭痛がひどく出てしまう、全身のだるさや、吐き気、食欲もなくなったり、体か筋肉痛のように痛くなる時もあります。
このような症状が出る前に、アルコールを体内で分解するために注目されている成分がセサミンになります。
セサミンと聞くと、ごまに入っている成分になりますが、このセサミンがアルコールに対してどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

セサミンとは

セサミンとは、ごまに含まれる成分で、抗酸化物質の一種となります。
セサミンには肝機能向上の効果があり、アルコール代謝に対しての酵素の働きを高める効果があるので、二日酔いなどの予防に効果が期待できる物質になっています。
酵素の働きが円滑にできるようにサポートすることで、飲酒などで肝臓に負担がかかるのを軽減させてくれて、さらにセサミンは飲酒時に肝臓を守るだけでなく、ガンを抑制したり、予防する効果も期待できると言われています。
他にも血圧や、コレステロール値なども安定させて、正常に保つといわれています。
セサミンは、お酒を飲む機会の多い方や、血圧の高い方、コレステロールが気になる方、肝臓の負担を減らしたい方には有効な成分だと言えるでしょう。

セサミンの取り方

セサミンは主にごまに含まれている成分になるので、ごまを食べていればセサミンは摂取できます。
ですが、セサミンはごま1粒に対して、わずか0.1~0.4パーセント程度しか含まれていません。
なので1日分のセサミンをごまの摂取だけで補おうとすると、3000粒程度の摂取が必要になってきます。
さらに、ごまには脂質も多く含まれているので、脂質が体に溜まってしまいますし、ごまの殻は固くなっているので、体に吸収されにくく、逆に負担がかかってしまう場合もあります。
なので、セサミンの効率的な摂取方法としては、セサミンが配合されているサプリなどを飲むことで効率よくセサミンを摂取することができます。
どの食品にも言えることですが、食品にはアレルギーがある場合があります。
急な摂取によりアレルギーを引き起こす可能性もあるので、最初は少量から飲んで、体調などに変化がないかを確認しましょう。

お酒を多く飲む人は必見!水素水で肝細胞を保護しよう

二日酔い予防の水素水

お酒の席でいつもより多く飲んでしまったなどの失敗は、誰しもが1度は経験があることだと思います。
そして翌日になっても体にお酒が残ってしまい、頭痛や倦怠感、吐き気などの典型的な二日酔いの症状が現われてきます。
せっかく楽しくお酒が飲めても、翌日の二日酔いを経験すると、後悔してしまいますよね。
アルコールには、二日酔いを招くなどの悪い点ばかりでなく、ストレス発散になったり、血行促進などの効果もあるので、上手に飲むことで二日酔いは防ぐことができます。
では、二日酔いを防ぐためにはどのようなお酒の飲み方をするのが良いのでしょうか。
それは水素水です。
水素水と聞くとダイエットなどの美容向きかと思われがちですが、水素水には体の中の活性酸素を取り除く効果があるので、二日酔いの予防をすることができるのです。

水素水とは

水素水とは、高い抗酸化作用があり、悪玉活性酸素を除去してくれる効果があります。
この活性酸素には老化の原因となる物質の排除や、悪性活性酸素を除去してくれる作用もあり、中性脂肪を分解して、肝細胞の保護や、脂肪肝の予防や改善にも効果が期待できます。
水素水だけが、抗酸化作用があるわけではありませんが、水素水だけが悪玉活性酸素だけを選択して排除してくれので、副作用などの心配もなく、効率もよくなります。
この活性酸素をきちんと排除しなければ、体の老化の原因になったりします。
お酒を飲んで二日酔いになるのは、活性酸素が体内に溜まった状態になっているので、お酒を飲んで二日酔いになっていなくても、水素水を飲むと良いでしょう。

水素水を飲むタイミングとは

水素水はどんなタイミングで飲むのが効果的だと言えるのでしょうか。
それは、お酒を飲む前に飲んでおくことです。
これからお酒を飲むのに、水素水なんて飲んだらお酒が飲めなくなってしまうと思う方もいると思いますが、そんな時は、お酒を水素水で割って飲むことをお勧めします。
体内にアルコールが入ることで、体内に保有している水分が分解されて、体内が水分不足の状態へと変化していきます。
なので、水分不足の状態になってしまう前に、水素水を飲むことで活性酸素を取り除いてくれます。
あとはお酒を飲んで、寝る前にコップ1杯程度の水素水を飲むと、寝ている間にアルコールの分解を助けてくれます。
このようにアルコールの分解をして、活性酸素を減らすことで、肝細胞も保護されてきます。
お酒は好きだけど、肝臓に負担をかけたくない方は、水素水をうまく取り入れて上手に飲酒しましょう。

アルコールが原因で起こる脱水にはLシステインが効果アリ!

アルコールで脱水になったときはLシステイン

身近な存在のアルコールには、ストレス発散や、血流が良くなったりと、良い作用もありますが、度が過ぎたお酒の飲み方をすることで、利尿作用があるので脱水を起こしてしまうこともあります。
お酒を摂取して脱水になることで、血中濃度が高まり、頭痛などの体の不調が起こってしまいます。
水分補給をきちんと行わなければ、血液が濃い状態が続き、血栓ができやすくなってしまいます。
さらに目に見えない体内では、アルコール摂取により、肝臓が働いて、アセトアルデヒド
に分解されますが、このアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、発がん性物質に指定されています。
そんな時に、Lシステインを摂取することで、肝臓内のアルコールを分解するのに必要な酵素の働きを助けて、アルコールが早く分解できるように速度を速めてくれる効果があります。
このLシステインとは、どんな作用があるのでしょうか。

Lシステインとは

「ケラチン」というたんぱく質を構成するアミノ酸で、人間の髪や爪に多く含まれている成分になります。
有害物質を解毒する作用があり、肝臓などの内臓から、皮膚ではシミの直接的な原因となるメラニンの生成を防ぎ、体外への排出効果があるので、美白効果が期待できる成分になっています。
また体内でお酒を処理する酵素であるアルコール脱水素酵素や、アセトアルデヒド脱水素酵素を活性化させる作用があるので、二日酔いの改善にも効果があります。
このLシステインは、食品でも摂取できて、主に肉などのタンパク質に多く含まれています。
一番多く含まれているのは豚肉になっています。
野菜などでは、玉ねぎ、にんにく、赤ピーマン、唐辛子、ブロッコリー、芽キャベツなどに多く含まれ、特に芽キャベツは新芽なので、スルフォラファンという成分も多く含んでいるため、二日酔いが予防できる食べ物として効果的です。

摂取のタイミングは

摂取のタイミングは、お酒を飲む前に摂取することです。
特にお酒を飲むことで顔が赤くなってしまうタイプの方は、日本人の3~4割の割合でいて、このタイプは飲酒後にアセトアルデヒドが高くなり、そのため胃がんのリスクも上がってしまうタイプです。
この場合は、事前にLシステインを飲んでおくことで、アセトアルデヒドが6割程度低下するようになります。
なので、お酒を飲む前にLシステインを飲んで、アセトアルデヒドの分泌を低下させて、解毒を中和させることで、胃がんのリスクも減らせます。
サプリメントでは、効果的に配合されたものを選ぶと良いでしょう。

お酒を飲みすぎて弱った肝臓はタウリンで助けよう

アルコールと肝臓の関係性とは

仕事関係や友人と一緒にお酒を飲む機会は多いかと思います。
よくお酒の飲みすぎは肝臓を悪くすると言われていますが、どうして肝臓を悪くしてしまうのでしょうか。
まず肝臓には、アルコールを摂ると無毒の物質に解毒する作用があります。
それを聞くとアルコールは肝臓に無害だと思う方も多いでしょう。
しかし、その解毒過程でアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が発生してしまい、これが肝臓を悪くしてしまう原因となっているのです。
摂取したアルコール量が多いと肝臓は解毒しようと活動しますが、同時にアセトアルデヒドを大量に発生させてしまうので、体内での処理が難しくなり残ってしまいます。
また、アセトアルデヒドは二日酔いの原因にも繋がれて言われます。
体内にアセトアルデヒドを体内に長時間残す状況が続くと、肝臓が脂肪を分解する働きを弱め、中性脂肪の原因とされる脂肪酸が作られていくのです。
そうなると、肝臓は中性脂肪まみれとなってしまいます。
その状態の肝臓へさらにアセトアルデヒドが追加されると、アセトアルデヒドが肝細胞を破壊して肝臓が硬く小さくなってしまう肝硬変に変化してしまうのです。
このような事から、お酒の飲みすぎは肝臓を悪くする原因だと言われています。

肝臓にはタウリンが有効

タウリンは筋肉や目の網膜、心臓などの臓器と脳に含まれている成分です。
そのタウリンには身体の細胞状態を正常に戻す作用があります。
なので、血圧が上がったには正常値に戻すといった役割を果たしている、人間の体にとても重要な成分です。
そして、なぜタウリンが肝臓に有効なのかというと、タウリンには肝臓機能を高める機能があるからです。
タウリンには肝臓の過酸化物を減少させながら、酵素を活性化される作用を持っています。
酵素が活性化すると胆汁酸の分泌量が増え、肝臓を活性化の手助けをするのでアルコールの分解を早めるのです。
さらに弱った肝臓を再生させるので、肝臓の解毒作用も高める効果があります。
アルコールの分解を早めるために、二日酔いの症状を中和する効果にも期待が出来るのです。
タウリンは主に乳製品や魚介類に含まれています。
特にカキやアサリといった貝類やタコとイカに多く含まれているので、お酒を飲み過ぎた場合には積極的に摂取する事で肝臓悪化のリスクを低くする事が可能です。
また、栄養ドリンクにもタウリンが豊富に含まれた商品もあるので、お酒を飲んだ翌朝に飲んで補う方法も良いでしょう。

体質改善!スルフォラファンでお酒に強い体質を作ろう

スルフォラファンってどんなもの?

スルフォラファンをご存じでしょうか。
スルフォラファンとはわずかな量ですがブロッコリーに含まれており、ピリッとした辛みの素となっている成分です。
このスルフォラファンは健康成分として注目されており、優れた解毒作用や抗酸化作用があると言われています。
なので、がん予防やアンチエイジング効果に期待出来るとされているのです。
そして、スルフォラファンにはお酒に強くなる体質へ改善出来るという効果も期待されています。

スルフォラファンで肝臓強化

スルフォラファンは体内に摂取されると、各細胞の身体を制御する酵素を生成する作用を高めます。
生成された酵素には有害物質を分解して無毒化し、体内へ排出させる事が出来るのです。
なので、普段からスルフォラファンの摂取と続けると、アルコールが原因で悪くなる肝臓もアルコールの解毒作用を高めるので肝臓強化へと繋がります。
この事から、前日に飲み過ぎた場合でも弱った肝臓を正常にしてくれる効果に期待が出来るのです。

肝臓強化で二日酔いも予防

スルフォラファンの摂取で肝臓が強化される事により、二日酔いを予防する事も可能です。
肝臓はアルコールの解毒を行うと、アセトアルデヒドという有害成分を発生します。
それが原因で肝臓は弱り、アルコールの解毒作用を弱め蓄積されていく事で二日酔いになりやすくなってしまうのです。
それを改善させるためにも、スルフォラファンの摂取で肝臓強化が出来ればお酒に強い体質になれると言えます。

スルフォラファンを摂取するには?

スルフォラファンを効率よく摂取するには、ブロッコリーの芽であるブロッコリースプラウトを食べる事がおすすめです。
ブロッコリースプラウトには成長したブロッコリーより食物繊維が豊富で、注目を集めている野菜です。
そして、スルフォラファンを含む量はブロッコリー100gでは約60mgに対して、ブロッコリースプラウトには100gで約2000mgと多く含まれています。
食べ方も茹でたり炒めたりと調理するよりも、生や蒸しての摂取の方がより多くのスルフォラファンを摂取する事が可能です。
なので、普段のサラダや温野菜などに混ぜて食べれば効率が良いと言えるでしょう。
他にも、芽キャベツやケールにもスルフォラファンが含まれています。
スルフォラファンにはお酒に強い体質へ改善出来るほか、ピロリ菌除菌やメタボ予防に効果にも期待出来るので、積極的に取る事をおすすめします。

飲んでる最中でも大丈夫!肝臓の損傷を修復してくれるアラニンとは

アルコールは肝臓を損傷させる

お酒の飲みすぎは肝臓を損傷させてしまう危険性があります。
なぜかと言うと、肝臓にアルコールを分解して無毒化する解毒作用がありますが、その時に発生させるアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が大量に蓄積される事で肝臓が損傷してしまうからです。
肝臓の損傷が続けば二日酔いになりやすい体質になる事や、肝臓病へと発展してしまう恐れがあります。
その肝臓の損傷修復に効果的なのがアラニンという成分です。

βアラニンは肝臓に悪影響を与える

実はアラニンといっても数種類存在しており、特徴はそれぞれ異なります。
そして二日酔いに関係するアラニンは、αアラニンとβアラニンの2種類です。
しかし2種類の特徴は異なり、αアラニンは二日酔いに有効ですがβアラニンは二日酔いに悪影響を与えてしまいます。
なので、一般的にアラニンはαアラニンの事を言います。
βアラニンがなぜ二日酔いに悪影響を与えるのかと言うと、アセトアルデヒドを分解するLシステインという栄養素を排出させてしまうのです。
そうなると、分解を活性化させるタウリンの作用も低下させてしまうので、分解作用を弱めてしまいます。
そうなるとアセトアルデヒドの分解が遅くなり、蓄積されてまい肝臓の損傷へと繋がってしまうのです。

アラニンを摂取して損傷を修復

アルコールが入っている状態では肝臓のDNA合成が制御されてしまいます。
ですから、飲酒中は肝臓を修復する事は不可能です。
しかし、アラニンをグルタミンと一緒に摂取することで、飲酒中であってもDNA合成が活性化され肝臓を修復してくれる効果に期待出来ます。
そのアラニンはシジミやアサリなどの魚介類に含まれているので、日常の食事に取り入れる事で効率よく摂取する事が可能です。
さらに効果を発揮させるために、飲酒中にも摂取する事をおすすめします。
また豚肉や牛肉、鶏肉などのたんぱく質の多い食材にもアラニンは含まれますが、そのほとんどがβアラニンであるので気を付けましょう。
ですが、日頃の食事では摂取が難しいという方も少なくないでしょう。
そんな方にはサプリメントがおすすめです。
アラニンが多く含まれているサプリメントも多くあるので、手軽に補うには良い方法であると言えます。
他にも飲み過ぎて二日酔いになった場合、二日酔い用のドリンクでアラニンが含まれている商品を飲む事で摂取し、肝臓修復の作用を促す事が可能です。
お酒で肝臓を悪くしないためにも、アラニンを摂取して肝臓の修復力を高めましょう。

肝臓の代謝を促進して二日酔いを防でくれるメチオニンとは

二日酔いを予防するには肝臓の代謝を活発化する事

お酒が弱い人が困るのは、翌日の二日酔いですね。
二日酔いの原因は、アルコールの大量摂取によって肝臓機能が分解に追いつかず、有害物質が蓄積される事で二日酔いを引き起こしてしまいます。
そして、このまま肝臓機能が低下すると肝臓の悪影響は悪化の道を辿ってしまう危険性があるのです。
それを避けるためにも、肝臓の代謝を良くする事は二日酔いの症状を中和する事や予防が出来るので、お酒に強い体質に改善する事が可能となります。

メチオニンは二日酔いに有効

メチオニンとは人間の体内に必要であるアミノ酸の一種です。
このメチオニンには肝臓の働きを活性化する手助けする作用があり、肝臓のアルコール分解する作用を高める事が出来ます。
その事からスムーズにアルコールを分解する事が出来るので有害物質が蓄積されず、二日酔いの予防をする事が可能なのです。
また、二日酔いの薬にもメチオニンが含まれているので、二日酔いになった後でも効果が発揮されます。
そして、メチオニンは4段階に合成されタウリンを体内に生成します。
このタウリンも肝臓機能を高める作用があり、そのタウリンの量はメチオニンの量から生成されるのです。
なので、メチオニンが多いほど大量のタウリンを生成出来るというわけです。
肝臓の代謝を高めるためにも、メチオニンの摂取は必要だと言えます。

メチオニンは食品からしか摂取が不可能

メチオニンは体内で生成されないため、食品からの摂取が必要です。
メチオニンはチーズに多く含まれています。
特にチェダーチーズには100g当たり約700mgのメチオニンが含まれており、チーズの種類でも含有量は最も多いです。
次に多いのはプロセスチーズで、100g当たり約580mgのメチオニンが含まれています。
なので、二日酔い予防としてこれらのチーズを食べたり、お酒を飲んだ翌朝に食べる事でも二日酔いに効果があると言えます。
また、チーズには乳製品と酵素も豊富に含まれているので、胃の粘膜を強化してアルコールから胃を守る作用もあります。
他にもお酒のおつまみとして枝豆もおすすめです。
枝豆はメチオニンも豊富な上に、ビタミンB1やオルニチンなどを含みます。
ビタミンB1は消化を手助けし、オルニチンには疲労回復効果の作用があるので、二日酔いの疲労感を中和する効果に期待出来るでしょう。
チーズと枝豆どちらもお酒との相性は抜群なので飲酒中でもメチオニンを補え、二日酔い予防に有効な食品です。

体内でのアルコール滞在時間を減らしてくれるグルタミンを摂取しよう

アルコールで肝臓がフル回転

お酒の席で、ついいつもより飲みすぎてしまうことや、楽しいお酒になって普段飲みなれないお酒まで飲んでしまったりしてしまうことで、翌日に二日酔いになってしまうことってありますよね。
アルコールは血液中に溶け込んで、肝臓に最初に運ばれます。
ここで酵素により、アセトアルデヒドに変化されます。
このアセトアルデヒドが変化されたことによって、有害物質となり、頭痛や吐き気、顔があかくなるなど体に変化を及ぼしてきます。
ですが、このアセトアルデヒドが肝細胞の酵素によって体外に排出されるのには、時間がかかります。
お酒を飲んだ量にもよりますが、成人男性で約8グラム程度のアルコールが1時間に消えます。
例えば、大ビンのビールは約3時間かけてアルコールが消える計算になり、日本酒を3合飲んだ時はアルコールが消えるまでに約9時間と長い時間がかかってしまうことになります。
その時間は常に肝臓も酵素に変えるために働いているので、負担が大きくなります。
それだけアルコールを摂取すると、肝臓には大きな負担がかかり続けているということになります。

グルタミンの効果とは

アルコールを飲むことで体内では多くの臓器に負担がかかったり、アルコール分解にも多くの成分が失われていきますが、そんな中でもフル稼働している肝臓をサポートしてくれるのがグルタミンです。
グルタミンは非必須アミノ酸で、体内に最も多く含まれています。
筋肉の強化や、疲労回復に効果があるとされていますが、グルタミンにはアルコールの代謝を促進する効果もあります。
グルタミンがアルコールに関して発揮する効果としては、アルコールを分解するために肝臓から出たグルタミンを補うために摂取することで、体内のグルタミン不足を補うことができます。
グルタミンが補いきれなくなり、不足することで、二日酔いを招いてしまいます。

アルコールの滞在時間を短縮させよう

では、グルタミンはいつ飲むのが良いのかというと、お酒を飲む前に飲むことで、肝臓が働くのをサポートしてくれますし、グルタミンが体内ある状態であれば、二日酔いも起こすことが少なくなるでしょう。
グルタミンは、小麦、海藻、大豆や、チーズなどでも摂取することができますが、効率よく摂取するならグルタミンが配合されたサプリや飲料などで、簡単に摂取することができます。
ですが、サプリを飲んだかた大丈夫というわけではなく、やはり度を超えた飲酒は体に負担がかかってきます。
節度ある飲酒を心がけましょう。

アルコールの解毒作用がある酵素は積極的に摂ろう

アルコールの分解にはアルコール脱水素分解酵素

お酒を飲むことで、日々のストレスが発散されたり、気分が高まって楽しくなってくることがありますよね。
ですが、度を超えたお酒では気分が悪くなってしまったり、吐き気が出てきたり、頭痛が起こってしまったりと、体に変化が出てきます。
アルコールが体内に入ってくると、アルコールは肝臓に運ばれてきます。
肝臓はアルコールの分解に必要な、アルコール脱水素分解酵素を出して、アルコールをアセトアルデヒドに変えます。
このアセトアルデヒドが体に不調をもたらす原因となっていて、アセトアルデヒドが発生することで、吐き気や、頭痛などの二日酔いなどの症状を出すようになります。
このアセトアルデヒドをさらに他の物質へと変化させて体外に排出されるのには、飲んだアルコールの量や、体格によって変わってきますが、日本酒などはなかなか排出されず、飲みすぎてしまうことでアルコールの排出には1日近くかかってしまう場合もあります。
その間は肝臓も働いているので、負担もかかるうえに、多くの酵素が失われていってしまいます。

肝臓をサポートしてくれる

肝臓はアルコールが入ってくることで、それを分解するまで働き続けますが、肝臓は働きつづけることでダメージを受けます。
そんなときに肝臓の様々な働きをサポートする成分が含まれた食品や、飲料、サプリなどで、肝臓から排出される物質が作りやすいようにサポートするのが良いでしょう。
特に日本人には、体内のアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないと言われているので、酵素の働きをサポートするクルクミンが含まれたものや、活性酸素を取り除いてくれるセサミンが入ったものや、アセトアルデヒドから粘膜の保護をしてくれるムチンが入っているものを選んで摂取するのが良いでしょう。
このような物質は食事でも摂取できますが、効率よく取るには、サプリが1番良いでしょう。

食事で肝臓を労わるには

さらに肝臓を守るのは、食事に摂取方法でも効果的です。
肝臓に有効な食材に気をつけながら摂取しましょう。
肝臓に良いとされるのは、ビタミンB群、ビタミンE、ナイアシンです。
ビタミンは肝臓の不要物の分解に有効で、解毒時の酵素の働きを助けてくれます。
ナイアシンは、アセトアルデヒドの分解に効果的な成分です。
赤身の肉や、レバー類、マグロや、たらこなどの食品や、バナナ、キウイ、レタス、キャベツ、ニンジンなども生のまま食べることで酵素の摂取ができます。
お酒を飲む機会の多い方は、食事でも気をつけて肝臓を労わるようにしましょう。

多量のアルコール分解を助けてくれるビタミンCを補給しておこう

アルコールとビタミンCの関係

お酒を飲むと体内のビタミンが減っていくのはご存じですか。
お酒を飲むのが好きな方で、特に女性は気になりますよね。
アルコールは体内に入ると肝臓で、アセトアルデヒドに分解されます。
このアセトアルデヒドが、有毒な物質になり、胃の粘膜を攻撃したりします。
さらにこのアセトアルデヒドは二日酔いの原因にもなっていて、吐き気や頭痛などを引き起こす原因になっています。
個人差がありますが、アセトアルデヒド脱水素酵素が少ない方は、お酒に弱いタイプになっていて、特に二日酔いの症状が出やすいタイプにあります。
ですが、アセトアルデヒド脱水素酵素を多く持っていても、やはり限度を超えたアルコールの摂取によって、分解が追い付かず、二日酔いになってしまうこともあります。
そんな時は、アルコール分解に有効とされるビタミンCを摂取することで、肝臓から出たアセトアルデヒドの分解をサポートしてくれます。

ビタミンCでサポートできるのか

ビタミンCには、肝臓から排出されたアセトアルデヒドの分解をサポートする成分になっていますが、飲むタイミングは、お酒を飲む前に飲んだ方が良いでしょう。
ビタミンCは体内で保持できずに排出されてしまうので、できれば前日くらいから意識して摂取していると効果的です。
特にアセトアルデヒド脱水素酵素が少なく、お酒に弱いタイプの方は、ビタミンCの摂取によって、アセトアルデヒド脱水素酵素の代用ができるので、多く摂取するように心がけましょう。
ビタミンCは、体内の保有量によって吸収率も高まりますが、摂取後約1時間半から3時間くらいにかけてピークに達した後に、徐々に排出されていきます。

二日酔いを防ぐには

このように二日酔いを防いだり、肝臓の働きをサポートするために必要なビタミンCを補ったとしても他にも気をつけなければならないことがあります。
それは、肝臓がアルコールを解毒するために大量の水分を使うので、体が水分不足状態になり、脱水を招いてしまうことです。
ここで、お茶やカフェインを含んだものを口にすると、さらなる利尿作用で水分が排出されてしまい、胃壁を刺激するので、吐き気が出てきたりします。
なので、水分補給には、ビタミンは配合されている飲料や、スポーツドリンクなどが良いとされます。
ひどい二日酔いになってしまった時には病院でビタミンCやブドウ糖などの点滴で、対応してくれますが、そうなる前に飲む量を加減したり、ビタミンCを補うことで、肝臓に負担がかからなくなってきます。