お酒に強くなる方法

お酒を多く飲む人は必見!水素水で肝細胞を保護しよう

二日酔い予防の水素水

お酒の席でいつもより多く飲んでしまったなどの失敗は、誰しもが1度は経験があることだと思います。
そして翌日になっても体にお酒が残ってしまい、頭痛や倦怠感、吐き気などの典型的な二日酔いの症状が現われてきます。
せっかく楽しくお酒が飲めても、翌日の二日酔いを経験すると、後悔してしまいますよね。
アルコールには、二日酔いを招くなどの悪い点ばかりでなく、ストレス発散になったり、血行促進などの効果もあるので、上手に飲むことで二日酔いは防ぐことができます。
では、二日酔いを防ぐためにはどのようなお酒の飲み方をするのが良いのでしょうか。
それは水素水です。
水素水と聞くとダイエットなどの美容向きかと思われがちですが、水素水には体の中の活性酸素を取り除く効果があるので、二日酔いの予防をすることができるのです。

水素水とは

水素水とは、高い抗酸化作用があり、悪玉活性酸素を除去してくれる効果があります。
この活性酸素には老化の原因となる物質の排除や、悪性活性酸素を除去してくれる作用もあり、中性脂肪を分解して、肝細胞の保護や、脂肪肝の予防や改善にも効果が期待できます。
水素水だけが、抗酸化作用があるわけではありませんが、水素水だけが悪玉活性酸素だけを選択して排除してくれので、副作用などの心配もなく、効率もよくなります。
この活性酸素をきちんと排除しなければ、体の老化の原因になったりします。
お酒を飲んで二日酔いになるのは、活性酸素が体内に溜まった状態になっているので、お酒を飲んで二日酔いになっていなくても、水素水を飲むと良いでしょう。

水素水を飲むタイミングとは

水素水はどんなタイミングで飲むのが効果的だと言えるのでしょうか。
それは、お酒を飲む前に飲んでおくことです。
これからお酒を飲むのに、水素水なんて飲んだらお酒が飲めなくなってしまうと思う方もいると思いますが、そんな時は、お酒を水素水で割って飲むことをお勧めします。
体内にアルコールが入ることで、体内に保有している水分が分解されて、体内が水分不足の状態へと変化していきます。
なので、水分不足の状態になってしまう前に、水素水を飲むことで活性酸素を取り除いてくれます。
あとはお酒を飲んで、寝る前にコップ1杯程度の水素水を飲むと、寝ている間にアルコールの分解を助けてくれます。
このようにアルコールの分解をして、活性酸素を減らすことで、肝細胞も保護されてきます。
お酒は好きだけど、肝臓に負担をかけたくない方は、水素水をうまく取り入れて上手に飲酒しましょう。