お酒に強くなる方法

お酒を飲みすぎて弱った肝臓はタウリンで助けよう

アルコールと肝臓の関係性とは

仕事関係や友人と一緒にお酒を飲む機会は多いかと思います。
よくお酒の飲みすぎは肝臓を悪くすると言われていますが、どうして肝臓を悪くしてしまうのでしょうか。
まず肝臓には、アルコールを摂ると無毒の物質に解毒する作用があります。
それを聞くとアルコールは肝臓に無害だと思う方も多いでしょう。
しかし、その解毒過程でアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が発生してしまい、これが肝臓を悪くしてしまう原因となっているのです。
摂取したアルコール量が多いと肝臓は解毒しようと活動しますが、同時にアセトアルデヒドを大量に発生させてしまうので、体内での処理が難しくなり残ってしまいます。
また、アセトアルデヒドは二日酔いの原因にも繋がれて言われます。
体内にアセトアルデヒドを体内に長時間残す状況が続くと、肝臓が脂肪を分解する働きを弱め、中性脂肪の原因とされる脂肪酸が作られていくのです。
そうなると、肝臓は中性脂肪まみれとなってしまいます。
その状態の肝臓へさらにアセトアルデヒドが追加されると、アセトアルデヒドが肝細胞を破壊して肝臓が硬く小さくなってしまう肝硬変に変化してしまうのです。
このような事から、お酒の飲みすぎは肝臓を悪くする原因だと言われています。

肝臓にはタウリンが有効

タウリンは筋肉や目の網膜、心臓などの臓器と脳に含まれている成分です。
そのタウリンには身体の細胞状態を正常に戻す作用があります。
なので、血圧が上がったには正常値に戻すといった役割を果たしている、人間の体にとても重要な成分です。
そして、なぜタウリンが肝臓に有効なのかというと、タウリンには肝臓機能を高める機能があるからです。
タウリンには肝臓の過酸化物を減少させながら、酵素を活性化される作用を持っています。
酵素が活性化すると胆汁酸の分泌量が増え、肝臓を活性化の手助けをするのでアルコールの分解を早めるのです。
さらに弱った肝臓を再生させるので、肝臓の解毒作用も高める効果があります。
アルコールの分解を早めるために、二日酔いの症状を中和する効果にも期待が出来るのです。
タウリンは主に乳製品や魚介類に含まれています。
特にカキやアサリといった貝類やタコとイカに多く含まれているので、お酒を飲み過ぎた場合には積極的に摂取する事で肝臓悪化のリスクを低くする事が可能です。
また、栄養ドリンクにもタウリンが豊富に含まれた商品もあるので、お酒を飲んだ翌朝に飲んで補う方法も良いでしょう。