お酒に強くなる方法

お酒を飲む人には重要!肝臓を助けるオルニチンの役割

オルニチンとは?

体の中にあるアミノ酸の1つで、肝臓の回復をサポートしてくれるオルニチンは、肝臓が弱った時に摂取することで復活させることができます。
オルニチンを摂取することで、肝臓本来の機能をアップすることができると言われています。
肝臓というのは、体の毒や老廃物を排出してくれる効果があり、肝臓がつかれてしまうと疲労感がなかなか抜けなくなっていまう程重要な臓器となっています。
十分な睡眠を摂っても疲れを回復させることができないと言った時には、何かの原因で肝臓が弱っている可能性が高いです。
元気で健康な体を維持する為には、運動や食生活の管理も重要ですが、オルニチンを継続的に取り入れることで、いつも元気な肝臓で居続けることができます。

お酒との関係について

連日飲み会で一番心配になることは、二日酔いです。
次の日気持ちが悪く、一日中寝ていなければいけない・・・せっかくの休日だと凄く後悔してしまいます。
そんな二日酔いには、シジミが効果的と言われています。
このシジミですが、オルニチンが豊富に含まれていることもあり、弱った肝臓を修復してくれるのです。

肝臓というのは本来、アルコールを分解する役割を持っています。
そんな肝臓もたくさんアルコールを摂取してしまうと、多大な負担がかかってしまうので、分解することができなくなり二日酔いになってしまいます。
この状態のまま居続けると、二日酔いは一向に良くなりません。
ですので、二日酔いの日はオルニチンを取り入れることで気分がすっきりします。
二日酔いにならない為には、飲みすぎに注意することはもちろんのこと、飲む前にオルニチンを摂取することで、二日酔い対策となります。

オルニチンの副作用

肝臓のサポートをしてくれるオルニチンですが、過剰摂取しても特に副作用を引き起こすことはありません。
このオルチニンはそもそも、人間の体内に存在している成分で体内に蓄積をすることはありません。
ただし、オルニチンをサプリメントで摂取する時には、他の成分が含まれている可能性があるので、摂取目安を守るようにしましょう。

定期的に取り入れたい時には、やはりサプリメントの方が簡単で気軽に摂取できます。
だからこそ、摂取量というのを守ることが大切になります。
長期的に毎日取り入れることで、二日酔いにならない体質へと変わることもありますので、短期的ではなく長期的にサプリメントを取り入れるようにしましょう。