お酒に強くなる方法

たんぱく質を補ってアルコール分解をサポートしよう

肝臓への負担を最小限に抑えよう

ついついたくさんお酒を飲んでしまうと、次の日二日酔いという最悪な結果になります。
二日酔いにならないためには、空腹にしない、お酒のペースを上げないなどが挙げられます。
食事と一緒にお酒を楽しむことで二日酔い予防となります。
更に、アルコール度数の高いお酒を飲むことで、肝臓への負担が大きくなってしまいます。
血中アルコール度数が高くなってしまうと、酔いが早く回ってしまいますので、こういった度数の強いお酒を飲む際には和らぎ水やチェイサーを利用しましょう。
チェイサーとは、強いお酒を飲んだあとに続けてノンアルコールの飲み物を飲むことを言います。
こうした対策をすることで、胃の粘膜への刺激を抑えることができます。
きちんと対策を取ることで、お酒といい付き合いをすることができます。

お酒を飲む時にはたんぱく質がおすすめ

夜飲み会がある日のランチは、たんぱく質を取るようにしましょう。
特に、卵やチーズ、肉類がおすすめです。
これらの成分は食べてから2位間程経過したあと再合成がスタートしますので、できれば飲む前に焼肉などを食べて飲むのが一番理想的となります。
仕事終わりにすぐ飲み会がある時には、ランチでお魚や肉類と摂取しておくことで、二日酔い防止になります。
更に、飲んでいる最中は、高たんぱく質な食べ物を摂取しましょう。
何も食べずにお酒を飲み続けてしまうと、肝機能の働きが悪くなってしまいまう。
肉類、魚、チーズなどを食べることで予防することができます。
中には、ウコンやしじみの味噌汁を飲む人もいますが、これらはたんぱく質が体内に入っていないと働きませんので、いくら飲んでも意味がなくなってしまいます、
サプリメントもたんぱく質が重要となりますので、効果を発揮する為にも積極的にたんぱく質を取り入れましょう。

急ピッチで飲むと悪酔い&二日酔いになる

お酒を飲むペースを一気に上げてしまうと、肝臓のアルコール分解が追い付かなくなってしまいます。
例えば、1杯のお酒を一気の飲むのではなく、ゆっくりと飲むようにしましょう。数回に分けて飲むことで、ペースを低速にすることができるので、アルコール分解もきちんと追いつきます。
二日酔いは、肝臓が疲れてしまいきちんと機能しないことで引き起るものです。
飲み方と食べ物をしっかり把握しておくことで、ピッチを上げて飲んだり、何も食べないと言ったことはなくなりますので、いい気持で飲めるように対策をしましょう。