お酒に強くなる方法

アルコールの解毒作用がある酵素は積極的に摂ろう

アルコールの分解にはアルコール脱水素分解酵素

お酒を飲むことで、日々のストレスが発散されたり、気分が高まって楽しくなってくることがありますよね。
ですが、度を超えたお酒では気分が悪くなってしまったり、吐き気が出てきたり、頭痛が起こってしまったりと、体に変化が出てきます。
アルコールが体内に入ってくると、アルコールは肝臓に運ばれてきます。
肝臓はアルコールの分解に必要な、アルコール脱水素分解酵素を出して、アルコールをアセトアルデヒドに変えます。
このアセトアルデヒドが体に不調をもたらす原因となっていて、アセトアルデヒドが発生することで、吐き気や、頭痛などの二日酔いなどの症状を出すようになります。
このアセトアルデヒドをさらに他の物質へと変化させて体外に排出されるのには、飲んだアルコールの量や、体格によって変わってきますが、日本酒などはなかなか排出されず、飲みすぎてしまうことでアルコールの排出には1日近くかかってしまう場合もあります。
その間は肝臓も働いているので、負担もかかるうえに、多くの酵素が失われていってしまいます。

肝臓をサポートしてくれる

肝臓はアルコールが入ってくることで、それを分解するまで働き続けますが、肝臓は働きつづけることでダメージを受けます。
そんなときに肝臓の様々な働きをサポートする成分が含まれた食品や、飲料、サプリなどで、肝臓から排出される物質が作りやすいようにサポートするのが良いでしょう。
特に日本人には、体内のアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないと言われているので、酵素の働きをサポートするクルクミンが含まれたものや、活性酸素を取り除いてくれるセサミンが入ったものや、アセトアルデヒドから粘膜の保護をしてくれるムチンが入っているものを選んで摂取するのが良いでしょう。
このような物質は食事でも摂取できますが、効率よく取るには、サプリが1番良いでしょう。

食事で肝臓を労わるには

さらに肝臓を守るのは、食事に摂取方法でも効果的です。
肝臓に有効な食材に気をつけながら摂取しましょう。
肝臓に良いとされるのは、ビタミンB群、ビタミンE、ナイアシンです。
ビタミンは肝臓の不要物の分解に有効で、解毒時の酵素の働きを助けてくれます。
ナイアシンは、アセトアルデヒドの分解に効果的な成分です。
赤身の肉や、レバー類、マグロや、たらこなどの食品や、バナナ、キウイ、レタス、キャベツ、ニンジンなども生のまま食べることで酵素の摂取ができます。
お酒を飲む機会の多い方は、食事でも気をつけて肝臓を労わるようにしましょう。