お酒に強くなる方法

アルコール摂取が増えると不足するビタミンB1を補おう

お酒を飲みすぎるとビタミンB1が減ってしまう

飲んでる時は気分がよくなって楽しいお酒ですが、飲んだ翌日になると体に疲労を感じることはありませんか?その疲労こそがビタミンB1不足によるものなんです。
というのも、体内に入ったアルコールを分解するためにビタミンB1が消費されるため、お酒を飲めば飲むほど体内のビタミンB1は少なくなっていくんです。
また、お酒を飲むことで食べ物からのビタミンB1も吸収しにくくなってしまいます。

こうしてビタミンB1が不足してくると、体内でエネルギーを作る事も困難になり、結果的に疲労状態が続くような形になります。お酒はほどほどの量にしておきましょう。

飲み過ぎからの疲労を回復するために

ビタミンB1は最も不足しがちな栄養素だと言われていて、食事から摂取しようとする際にも注意が必要です。

ビタミンB1が多く含まれている食材は豚肉・牛肉・豆類やオレンジや米ぬかですが、これらを調理する時に水洗いや加熱などを加えると食品に含まれる約25%が失われてしまうんです。
ですがビタミンB1は身近な食材の中に含まれているので、調理で失ってしまったん分を補うように出来るだけ多く摂取するように心がけましょう。
ニンニクを一緒に食べると、ビタミンB1の吸収を手助けしてくれるのでお勧めです。

お酒を飲む時も、出来るだけおつまみとして色々な物を食べるようにすることで、アルコールそのものの摂取量を抑えるようにしたり、ビタミンB1を補うようにするといいと思います。
また、お酒を飲んだ翌日に玄米などを食べることでもビタミンB1不足を多少軽減させることが出来ます。

お勧めのビタミンB1サプリメント

ビタミンB1は吸収されにくい上にすぐに対外へ排出されてしまう栄養素なので、サプリメントを選ぶ際にはタイムリリース加工されているタイプをお勧めします。
カプセルは体内でゆっくり時間をかけて溶けていく作りのため、そのカプセルの中にビタミンを閉じ込めることで長時間体内にビタミンB1を留めておく事が出来るんです。

ただ、ビタミンは8種類それぞれが互いに助け合いながら体内で働いているので、ビタミンB1のみを摂取しても効率が悪いので注意です。
サプリメントで摂る時も、全てのビタミンが配合されているタイプの物がお勧めです。
常にビタミンを保つために、朝・昼・晩の食後3回に分けて飲むようにするのがベストです。

サプリメントはコンビニやドラッグストアなどで売っていますので是非お試しください。