お酒に強くなる方法

体質改善!スルフォラファンでお酒に強い体質を作ろう

スルフォラファンってどんなもの?

スルフォラファンをご存じでしょうか。
スルフォラファンとはわずかな量ですがブロッコリーに含まれており、ピリッとした辛みの素となっている成分です。
このスルフォラファンは健康成分として注目されており、優れた解毒作用や抗酸化作用があると言われています。
なので、がん予防やアンチエイジング効果に期待出来るとされているのです。
そして、スルフォラファンにはお酒に強くなる体質へ改善出来るという効果も期待されています。

スルフォラファンで肝臓強化

スルフォラファンは体内に摂取されると、各細胞の身体を制御する酵素を生成する作用を高めます。
生成された酵素には有害物質を分解して無毒化し、体内へ排出させる事が出来るのです。
なので、普段からスルフォラファンの摂取と続けると、アルコールが原因で悪くなる肝臓もアルコールの解毒作用を高めるので肝臓強化へと繋がります。
この事から、前日に飲み過ぎた場合でも弱った肝臓を正常にしてくれる効果に期待が出来るのです。

肝臓強化で二日酔いも予防

スルフォラファンの摂取で肝臓が強化される事により、二日酔いを予防する事も可能です。
肝臓はアルコールの解毒を行うと、アセトアルデヒドという有害成分を発生します。
それが原因で肝臓は弱り、アルコールの解毒作用を弱め蓄積されていく事で二日酔いになりやすくなってしまうのです。
それを改善させるためにも、スルフォラファンの摂取で肝臓強化が出来ればお酒に強い体質になれると言えます。

スルフォラファンを摂取するには?

スルフォラファンを効率よく摂取するには、ブロッコリーの芽であるブロッコリースプラウトを食べる事がおすすめです。
ブロッコリースプラウトには成長したブロッコリーより食物繊維が豊富で、注目を集めている野菜です。
そして、スルフォラファンを含む量はブロッコリー100gでは約60mgに対して、ブロッコリースプラウトには100gで約2000mgと多く含まれています。
食べ方も茹でたり炒めたりと調理するよりも、生や蒸しての摂取の方がより多くのスルフォラファンを摂取する事が可能です。
なので、普段のサラダや温野菜などに混ぜて食べれば効率が良いと言えるでしょう。
他にも、芽キャベツやケールにもスルフォラファンが含まれています。
スルフォラファンにはお酒に強い体質へ改善出来るほか、ピロリ菌除菌やメタボ予防に効果にも期待出来るので、積極的に取る事をおすすめします。