お酒に強くなる方法

素早いアルコールの分解にはセサミンが欠かせない

二日酔いがもたらす体の不調

つい、いつもよりもお酒を飲みすぎてしまったり、お酒の席で断れなくて多く飲んでしまったなど、会社での行事などによっても、お酒の席が増えるようになります。
そして、いつもよりも多く飲んでしまった時に必ずくるのが二日酔いです。
この二日酔いは、体に様々な影響を及ぼもので、症状も人それぞれです。
頭痛がひどく出てしまう、全身のだるさや、吐き気、食欲もなくなったり、体か筋肉痛のように痛くなる時もあります。
このような症状が出る前に、アルコールを体内で分解するために注目されている成分がセサミンになります。
セサミンと聞くと、ごまに入っている成分になりますが、このセサミンがアルコールに対してどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

セサミンとは

セサミンとは、ごまに含まれる成分で、抗酸化物質の一種となります。
セサミンには肝機能向上の効果があり、アルコール代謝に対しての酵素の働きを高める効果があるので、二日酔いなどの予防に効果が期待できる物質になっています。
酵素の働きが円滑にできるようにサポートすることで、飲酒などで肝臓に負担がかかるのを軽減させてくれて、さらにセサミンは飲酒時に肝臓を守るだけでなく、ガンを抑制したり、予防する効果も期待できると言われています。
他にも血圧や、コレステロール値なども安定させて、正常に保つといわれています。
セサミンは、お酒を飲む機会の多い方や、血圧の高い方、コレステロールが気になる方、肝臓の負担を減らしたい方には有効な成分だと言えるでしょう。

セサミンの取り方

セサミンは主にごまに含まれている成分になるので、ごまを食べていればセサミンは摂取できます。
ですが、セサミンはごま1粒に対して、わずか0.1~0.4パーセント程度しか含まれていません。
なので1日分のセサミンをごまの摂取だけで補おうとすると、3000粒程度の摂取が必要になってきます。
さらに、ごまには脂質も多く含まれているので、脂質が体に溜まってしまいますし、ごまの殻は固くなっているので、体に吸収されにくく、逆に負担がかかってしまう場合もあります。
なので、セサミンの効率的な摂取方法としては、セサミンが配合されているサプリなどを飲むことで効率よくセサミンを摂取することができます。
どの食品にも言えることですが、食品にはアレルギーがある場合があります。
急な摂取によりアレルギーを引き起こす可能性もあるので、最初は少量から飲んで、体調などに変化がないかを確認しましょう。