お酒に強くなる方法

肝臓の代謝を促進して二日酔いを防でくれるメチオニンとは

二日酔いを予防するには肝臓の代謝を活発化する事

お酒が弱い人が困るのは、翌日の二日酔いですね。
二日酔いの原因は、アルコールの大量摂取によって肝臓機能が分解に追いつかず、有害物質が蓄積される事で二日酔いを引き起こしてしまいます。
そして、このまま肝臓機能が低下すると肝臓の悪影響は悪化の道を辿ってしまう危険性があるのです。
それを避けるためにも、肝臓の代謝を良くする事は二日酔いの症状を中和する事や予防が出来るので、お酒に強い体質に改善する事が可能となります。

メチオニンは二日酔いに有効

メチオニンとは人間の体内に必要であるアミノ酸の一種です。
このメチオニンには肝臓の働きを活性化する手助けする作用があり、肝臓のアルコール分解する作用を高める事が出来ます。
その事からスムーズにアルコールを分解する事が出来るので有害物質が蓄積されず、二日酔いの予防をする事が可能なのです。
また、二日酔いの薬にもメチオニンが含まれているので、二日酔いになった後でも効果が発揮されます。
そして、メチオニンは4段階に合成されタウリンを体内に生成します。
このタウリンも肝臓機能を高める作用があり、そのタウリンの量はメチオニンの量から生成されるのです。
なので、メチオニンが多いほど大量のタウリンを生成出来るというわけです。
肝臓の代謝を高めるためにも、メチオニンの摂取は必要だと言えます。

メチオニンは食品からしか摂取が不可能

メチオニンは体内で生成されないため、食品からの摂取が必要です。
メチオニンはチーズに多く含まれています。
特にチェダーチーズには100g当たり約700mgのメチオニンが含まれており、チーズの種類でも含有量は最も多いです。
次に多いのはプロセスチーズで、100g当たり約580mgのメチオニンが含まれています。
なので、二日酔い予防としてこれらのチーズを食べたり、お酒を飲んだ翌朝に食べる事でも二日酔いに効果があると言えます。
また、チーズには乳製品と酵素も豊富に含まれているので、胃の粘膜を強化してアルコールから胃を守る作用もあります。
他にもお酒のおつまみとして枝豆もおすすめです。
枝豆はメチオニンも豊富な上に、ビタミンB1やオルニチンなどを含みます。
ビタミンB1は消化を手助けし、オルニチンには疲労回復効果の作用があるので、二日酔いの疲労感を中和する効果に期待出来るでしょう。
チーズと枝豆どちらもお酒との相性は抜群なので飲酒中でもメチオニンを補え、二日酔い予防に有効な食品です。