お酒に強くなる方法

飲み会の前に摂取しておきたいウコン成分とは

二日酔いを避ける方法

社会人になると会社の同僚や友人との飲み会の回数が多くなってきます。
特に、年末や年始、新入社員を迎える時期は一年の中でも飲み会の頻度が高くまります。
みんなと楽しく飲むのはいいけど、次の日の二日酔いは絶対になりたくない・・・と誰もが思うはずです。
二日酔いにならない方法として様々ありますが、最近ではウコンを飲みことで二日酔いを防ぐことができるという情報が定着しつつあります。
そもそも二日酔いというのは、体内にアルコールが残ってしまうことで起こる現象です。
ウコンはこのアルコールを分解させたい内に残らないように補助をしてくれるものです。
補助してくれるものですので、あまりの飲みすぎない、急ピッチで飲まない、空腹な避けるなど基本的なことは守るようにしましょう。

ウコンを飲むタイミングは?

二日酔いにならない為には、ウコンをどのように飲めばいいのか・・・わからない人も多いはずです。
一般的に、食前派と食後派に分かれていますが、どちらの方が効果的なのでしょうか。
ウコンを飲んだあと体内で成分は効き始めるまでには、腸で吸収されなければいけません。
クルクミンという成分が、ウコンの中に含まれているのですがこれが体内を循環することで、肝臓の機能を高めることができます。
このときはじめてアルコールの分解をスタートすることになりますので、飲酒をする前に飲んだ方が効果を期待できます。
ただ、個人差がありウコンを飲酒前に飲んだからと言って、必ず二日酔いを避けられるわけではありませんので、過信せずにお酒はゆっくりと楽しむということを心がけましょう。

副作用に注意が必要

ウコンを飲むことで、肝機能のサポートをしてくれますが、飲みすぎには注意が必要です。
特に、肝機能障害を持っている人の場合鉄分が肝臓に蓄積しやすくなっています。
そこで、さらにウコンを摂取してしまうと肝機能が悪化してしまう恐れがあります。
ですので、ウコンを飲むことで二日酔い防止になると言われていますが、過剰摂取は避けた方が良いでしょう。
各商品には、摂取目安となっている量が書かれているはずです。
これは、ドリンクタイプもサプリメントでも同じことが言えます。
摂取目安を守ることで、安心で安全なウコンの摂取をし二日酔いにならずにすみます。
肝機能障害を持っている人の他にも、胆石を患っている方、糖尿病の方は避けた方がいいでしょう。
もし摂取するのであれば、医師に相談をしてから服用するようにしましょう。
このように、ウコンはどんな人が飲んでもいいわけではありません。
そして、お酒を飲むときにはその日の体調によっても二日酔いになることがありますので、体調が悪い日は無理をして飲むと悪酔いしてしまいますので注意が必要です。