お酒に強くなる方法

飲んだ後のアフターケアにはタンニンを摂取しよう

飲酒前に柿は二日酔い防止になる

お酒を飲む前に、柿を食べることで悪酔いしないと言われています。
これは、柿に含まれているタンニンとの関係性があるからです。
二日酔いになってしまうのは、肝臓でアルコール分解をすることができないからです。
これによって、アセトアルデヒドという成分が体内に残り二日酔い特有の吐き気や頭痛を引き起こしてしまうのです。
一般的には、アセトアルデヒドとうのは、一時間程するとピークになるのであとは減少していくのみとなります。
しかし、大量のアルコールを摂取することで処理しきれなくなってしまうことで、減ることなく体内にとどまってしまうのです。
アルコールを摂取する時には、一気にたくさんの量を飲むのではなく、ゆっくりと飲むことが大切になります。

タンニンを摂取して二日酔い知らずになろう

ついつい、飲みすぎてしまうとつらい二日酔いが待っています。
二日酔いを防止する為には、柿がおすすめです。
柿には、シブオールと言われているタンニンが豊富に含まれています。
シブオールは、水溶性のタンニンで食べることで、苦味を感じます。
そして、柿は熟されれば熟されるほど、水溶性だったタンニンが溶けにくくなっていきます。
熟された柿からは渋みが消えていきます。
タンニンが豊富に含まれている柿には、カタラーゼと言われる酵素が働いています。
これによって、アルコールを分解してくれるのです。
更に、二日酔いになると脱水やエネルギー消費が激しく、低血糖になってしまいます。
柿は、これらの症状を改善してくれる非常に頼りになる食べ物なのです。

サプリメントを服用しよう

柿が二日酔いにいいと言われていますが、季節の果物となっているので年中食べることができるわけではありません。
年間を通じタンニンを取り入れたいという場合には、サプリメントで補給するといいでしょう。
サプリメントは薬ではないので、飲まなければいけない時間や決まり事が特にありませんので、都合のいい時に飲むと言った方法で取り入れることができます。
飲み方もお水があれば、すぐに摂取することができます。
どんな人でも手軽にそして簡単にタンニンを飲むことができるので、ぜひ二日酔いで苦い思い出ばかりが残っているという人は、タンニンサプリメントを活用してみましょう。
一般的に販売されているのは、タンニンという名前ではなく柿、渋柿と書かれているものですので、間違えないように購入をしましょう。