お酒に強くなる方法

飲んでる最中でも大丈夫!肝臓の損傷を修復してくれるアラニンとは

アルコールは肝臓を損傷させる

お酒の飲みすぎは肝臓を損傷させてしまう危険性があります。
なぜかと言うと、肝臓にアルコールを分解して無毒化する解毒作用がありますが、その時に発生させるアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が大量に蓄積される事で肝臓が損傷してしまうからです。
肝臓の損傷が続けば二日酔いになりやすい体質になる事や、肝臓病へと発展してしまう恐れがあります。
その肝臓の損傷修復に効果的なのがアラニンという成分です。

βアラニンは肝臓に悪影響を与える

実はアラニンといっても数種類存在しており、特徴はそれぞれ異なります。
そして二日酔いに関係するアラニンは、αアラニンとβアラニンの2種類です。
しかし2種類の特徴は異なり、αアラニンは二日酔いに有効ですがβアラニンは二日酔いに悪影響を与えてしまいます。
なので、一般的にアラニンはαアラニンの事を言います。
βアラニンがなぜ二日酔いに悪影響を与えるのかと言うと、アセトアルデヒドを分解するLシステインという栄養素を排出させてしまうのです。
そうなると、分解を活性化させるタウリンの作用も低下させてしまうので、分解作用を弱めてしまいます。
そうなるとアセトアルデヒドの分解が遅くなり、蓄積されてまい肝臓の損傷へと繋がってしまうのです。

アラニンを摂取して損傷を修復

アルコールが入っている状態では肝臓のDNA合成が制御されてしまいます。
ですから、飲酒中は肝臓を修復する事は不可能です。
しかし、アラニンをグルタミンと一緒に摂取することで、飲酒中であってもDNA合成が活性化され肝臓を修復してくれる効果に期待出来ます。
そのアラニンはシジミやアサリなどの魚介類に含まれているので、日常の食事に取り入れる事で効率よく摂取する事が可能です。
さらに効果を発揮させるために、飲酒中にも摂取する事をおすすめします。
また豚肉や牛肉、鶏肉などのたんぱく質の多い食材にもアラニンは含まれますが、そのほとんどがβアラニンであるので気を付けましょう。
ですが、日頃の食事では摂取が難しいという方も少なくないでしょう。
そんな方にはサプリメントがおすすめです。
アラニンが多く含まれているサプリメントも多くあるので、手軽に補うには良い方法であると言えます。
他にも飲み過ぎて二日酔いになった場合、二日酔い用のドリンクでアラニンが含まれている商品を飲む事で摂取し、肝臓修復の作用を促す事が可能です。
お酒で肝臓を悪くしないためにも、アラニンを摂取して肝臓の修復力を高めましょう。