管理人のお酒での失敗談

お酒が弱く合コンでつぶれて何の成果も残せなかった・・・

私はお酒を飲み始めた頃からお酒にすこぶる弱く、ビール1杯で顔が真っ赤になる程でした。
そんな私が大学生時代に初めて参加した合コンでの失敗談です。

初めて合コンに参加したということもあって当時の私はガチガチに緊張していました。
1週間前から服はどうしようか、髪型は変えた方がいいのかなど、とにかく見た目は気をつけていかなければ…!と思い、その1週間は見た目のみを考えていたのです。
しかし、そのせいで自分自身がお酒に弱いということをすっかり忘れてしまっていました。

当日、男性メンバーのみ先に集合することになりました。
皆気合いが入っていて、鼻息が荒かったのを思い出します。
普段の私服からは想像できないような格好で、キメてきていたのです。
もちろん、自分も同じように気合いを入れてわざわざこの合コンのために買った服で挑んでいました。
女性メンバーも到着し、ようやく合コンがスタートしました。
皆とても可愛い子ばかりで、あまり話せなくなってしまう程緊張していたのです。
もっとたくさん話して仲良くなりたいと思った私は、目の前のビールを煽るように飲んでいきました。
それが、失敗の始まりだったのです。

完全に酔っ払ってしまった私が最初にとった行動が、「下ネタ」です。
初対面の、しかもあんなに可愛い女の子に向かって、下ネタをバンバン話していました。
隣の子はすごく優しかったので、私の話を受け流しながら「うんうん」と相槌を打ってくれてはいたものの、他の女の子は「こいつ最低!」と思っていたらしいです…。
次にとった行動が男友達に絡むということでした。
普段から遊んでいるメンバーで、しかも皆合コンが初めて、もしくは2回目と経験者が少なかったこともあり、普段の飲み会でのノリを合コンでも出してしまったのです。
それによって完全に女性たちがついて行けなくなってしまいました。
そして、そろそろ二次会に行こうかという時、ついに私は酔っ払いすぎて動けなくなってしまいました。
一次会の居酒屋の前で座り込み、一向に動こうとしなかったらしいです…。
らしい、と言うのはここら辺は完全に記憶が無いので、一緒に合コンに行った友達から聞いた話です。
結局、私が動けなくなってしまったことや男子のノリを合コンに持ち込んだせいで女性たちも帰ることになり、連絡先も聞けずじまいという結果に終わってしまいました。
もしも私がお酒に強くて理性を保つことが出来たなら、こんな結果にはならなかっただろうと思います。
ちなみに後日、男性メンバーには土下座で謝罪を行いました。